自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/11/27(月) - 2000/12/1(金)
5日め

テーマフランス料理は嫌いですか?

今日のポイント

知らないことは聞く。これが楽しいお料理屋さんとの付き合い方

投票結果 現在の投票結果 y28 n72 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
吉田明彦
吉田明彦 『料理王国』前編集長

お箸の使い方、難しいです。あの「先のほうしか使っちゃいけない」はいまでも守れません。先日行われたジョエル・ロビュション/小山裕久「20世紀の晩餐会」では、フォーク・ナイフとお箸の両方が出ましたが、その……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

(京・未婚・23歳)

まともにフランス料理のテーブルマナーを知らないので、恥をかきそうで行きづらい。でも、せっかく気合を入れて行くなら、フランス料理より日本料理を食べたい。日本人なのに箸の使い方やマナーを知らない人って、結構いるのでは?

(ちーちゃん・大阪・既婚・35歳)

イタリアンなら子どもと一緒でも何とか食べるものがあるけれど、フレンチのお店は小さい子どもがいると、どうも敷居が高い。フレンチのファミレスがあったら行きますよ。

(まつもと)

今、小さい子どもがいるので、余計に足は遠のいています。カロリー的にも高そうだし……。30代半ばでダイエットという文字が頭をかすめるわたしとしては、高カロリー、高価格のフランス料理を食べるのは少々勇気(?)が必要です。

NO

(アヒルちゃん・大阪府・未婚・24歳)

わたしも数年前までは思い込みで避けていた1人でしたが、コックさんの彼と付き合いだしてから、ぐんと料理に関する世界が広がりました。最近では、好きな料理は「鴨のコンフィ」といえるようになりました。ちょっと視点を変えると、興味深いことがどんどん広がって楽しいですね。

(pengin・東京・29歳)

お料理雑誌に、「フレンチ超簡単レシピ」がもっと載っていると嬉しいです。フランスの若いママたちの味が再現できたら楽しそう。もちろんスーパーで売っている食材でね。

(SacchanM)

日本のフレンチって、日本人の口に合うよう作っているからおいしいのかな?昔フランスへ行ったときに食べた本場のフレンチが、まあまあという感じだったので……。

(dolce)

日本でいう「ずっしり重いソース」って、フランスではあまり無いのでは?わたしがよく出かけるフランスのビストロには「こんなにシンプル! 」って思うほど、素材の味を生かしたさっぱりのお料理が多いですよ。

(大阪市・未婚・28歳)

料理の勉強をしています。つくる人によって出来上がりがまったく違うフランス料理は最も魅力的。日本料理や中国料理よりもセンスが問われると思います。もっと普及して、みんながお手軽に食べられるといいですね。

(geko・渋谷区・既婚・36歳)

フレンチ大好きですが嫌いなお店はあります。値段がやたら高いのに隣のテーブルとくっつきそうだったり、店員さんがカチコチになっていて、こっちまで緊張してしまう店。高いワインを頼まないと居心地の悪い店など。B級グルメ党なので、高くてウマイは当たり前。安くてウマイを求めて外食をしているのですが、だからこそ、たまにA級のフレンチが食べたくなるのかもしれません。

(にっしぃ・板橋区・既婚・29歳)

有名フレンチ・レストランに行く機会がありました。すました店員を想像していたら、物腰やわらか、臨機応変。見られてる感じがしないのに、皿を下げたり料理がでてくるタイミングは抜群。料理もおいしかったけど、この雰囲気で「いいお値段なだけあるな」と納得。質のいいサービスのホテルに泊まったような気持ちになりました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

お箸の使い方、難しいです。あの「先のほうしか使っちゃいけない」はいまでも守れません。先日行われたジョエル・ロビュション/小山裕久「20世紀の晩餐会」では、フォーク・ナイフとお箸の両方が出ましたが、そのお箸が湿らせてあって、下手な箸使いがバレないようになっていたのはありがたかったです。

昔フランス料理のお店でも似たような経験があります。ハトのローストをナイフとフォークで食べていたら、お店の人が「お客様。人間には手という便利な道具があるのですから、そちらでどうぞ。冷えるとハトの肉は異常に固くなりますから」とフィンガーボールを持ってきてくれたことがありました。「なーんだ、そんなことしてもいーんだ」とむしゃむしゃと、足などを引きちぎって食べたのでした。およそ自分の財力で行けるお店であれば、あまりテーブルマナーなどと堅苦しく考えないほうが、わたしたちも、お店も幸せなのではないかと思います。

カロリーも低くはありませんが、オリーブオイルのおかげで、以前のバターと生クリームいっぱいの時代とは比較にならないほど軽くなりました。

ポーションも日本人の胃に合う大きさになっています。むしろデザートをたくさん召しあがるのを控えたほうが効果的でしょう。それでも気になるなら「カロリー控えめだったら、どうチョイスすればいいでしょうか」とサービスの人に聞いてしてしまえば良いことです。

なんでも店の人に聞くのが一番。なんといってもお客様なのですから。黙って座って「いつもの」なんていうのは、年配者にまかせておけばよいこと。知らないことは聞く、望んだことは頼んでみる、これがフランス料理に限らず、お料理屋さんとの楽しい付きあい方だと思います(ただし、黙ってやるのはルール違反。タバコなどのことです)。もしあなたの依頼に誠意をもって応えてくれないようなら、その店に行かなければ良いのですから。お店を選択するのはみなさんです。

吉田明彦

吉田明彦

『料理王国』前編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english