自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/1/29(月) - 2001/2/2(金)
3日め

テーマ最近日本料理を食べましたか?

今日のポイント

日本料理の条件のひとつは、日本の四季を反映した「季節感」

投票結果 現在の投票結果 y88 n12 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
吉田明彦
吉田明彦 『料理王国』前編集長

みなさんのコメントを拝見していると、「和食」はお惣菜とほぼ同義、「日本料理」は懐石料理など、料理人によって作られたものと区別されているようですね。

家庭料理とプロの作った料理ということなのでしょうか……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

日本料理の老舗のお弁当が密かな楽しみ(malva・奈良県・既婚・55歳)

2ヶ月に一度、東京の病院に入院中の母を見舞います。大丸東京店のほっぺタウンで、日本料理の老舗のお弁当を買って、帰りの新幹線の車内で食べるのが密かな楽しみです。季節の野菜やお魚、ご飯など…きれいに盛り付けられたお弁当! まるで芸術品。日本人で良かったと思ってしまいますよね。

子ども連れでもイヤな顔しないお店(YAKO・金沢市・既婚・35歳)

食べに行きました〜。会席料理なんかもある日本料理屋さん。仲居さんも結構親切で、子連れでもイヤな顔しないのがポイント高かったです! もちろんお料理は絶品。特に天ぷらは他人に揚げてもらったのを食べるのが一番です。自分で作ると、油の匂いでお腹一杯になっちゃうしね。

日本料理という概念はやっぱりあいまい(とみりん・東京都・既婚・42歳)

お正月というと急に日本人であることが嬉しくなります。三が日、西に旅をし、素敵な京料理をいただきました(桜田さんへ伺いました)。本当にすばらしい時間と料理をいただき、感謝しています。でも確かに日本料理って何でしょうね。京料理とか加賀料理というと味覚も料理も浮かぶのに、日本料理という概念はやっぱりあいまいになってしまいますね。

OTHERS

「季節感と繊細さ」を感じられるのが日本料理(stardust・蕨市・既婚)

旬の素材、季節のお酒(冬は熱燗、夏は生ビールとか)、季節の器など、四季折々バランスよく組み合わせて料理を作り上げる。「季節感と繊細さ」が日本料理(板前さん)と感じます。また、イタリア風、アジア風とか、良いところを上手に取り入れてしまう日本人の感性も自慢できると思います。

日本料理は敷居が高い、満腹感が少ない(ume・23歳)

日本料理って敷居が高い、値段が高い、満腹感が少ない、ですよね。もう少し気軽に本物の味が味わえるのなら行ってみたいです。

日本料理は高級、和食は家庭料理(Mika)

わたしは、日本料理というと高級な会席・懐石料理を、和食は日本の素材や手法を用いた家庭料理を含む料理全般を思い浮かべます。

いっぱい食べてもヘルシーな豆腐料理(ryougaku・未婚)

先日 豆腐料理を食べに行きました。白和えに始まり、大根の炊き合わせ、自家製湯豆腐、豆腐と湯葉の揚げ物、デザートに豆腐プリン…。お腹いっぱい食べたのに、ヘルシーという感じがいいですよね。

わさび・ゆずなど薬味が和食の要(kazukazu・既婚・33歳)

日本料理というと、高級な料亭で出てくる料理のようなイメージを持ちます。和食と同じでよいのでしょうか?! 最近は本当に和食党になりました。以前は自他ともに認める洋食党だったのが……やはり年とともに味覚が変わってきたのでしょうか。以前は薬味系が一切だめだったのが、最近はわさび、ゆず、しょうがなど、和食にぴりっと風味をそえる薬味類がとっても好きになりました。この薬味がやっぱり和食の要ですよね。そのせいで和食が好きになったのかもしれません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

みなさんのコメントを拝見していると、「和食」はお惣菜とほぼ同義、「日本料理」は懐石料理など、料理人によって作られたものと区別されているようですね。

家庭料理とプロの作った料理ということなのでしょうか。でも最近は「和食を食べに行こうよ」などという会話も成立しているようですし……。結局のところ日本料理というと敷居が高いので、身近な日本料理を和食と呼ぶのだ、と考えると整理がつくようです。

さて、みなさんのコメントにも「季節感」という言葉がよくでてきます。日本料理の条件のひとつは日本の四季を反映していることのようです。それは旬の味を大切にするという先人の知恵なのだと思います。また通年ある素材、たとえばお豆腐も、「冷奴」あり、「湯豆腐」あり、「白和え」ありと、季節ごとの楽しみに旬の野菜や調理法が生きています。

ぼんやりしている日本料理のイメージをもう一度この国の四季、自然に引き戻すことによって、その輪郭を少しはっきりさせることができるようです。

このほかに「日本料理といわれる条件」にはどんなことを思い浮かべますか?

吉田明彦

吉田明彦

『料理王国』前編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english