自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/12/17(月) - 2001/12/21(金)
3日め

テーマおせちなんて作ったことがない!

今日のポイント

いろいろなおせちが並んでいる今でもまだまだ手作り派強し

投票結果 現在の投票結果 y43 n57 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

みなさんの投稿を読んでいると、さぞかし美味しいものばかり、頭の中がご馳走でいっぱいになります。ひとつずつ味見してみたくなりますね。お母様から教わったもの、そして次の世代へ伝えるものという、「おせち」へ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

本当にあれが好きな人がいるの?(職業指導官・大阪・既婚・36歳)

お正月くらい、お母さんゆっくりしてよ、との意味合いがあると聞きましたよ、おせち。だから前もって作っておけるものばかり。でも、今コンビニも開いてるし、そういうのは時代にそぐわないでしょう。第一、あの料理が好きな人、どれだけいるのかしら。

NO

自分の味を作るぞ!(どる)

初めて帰省しないお正月。市販のものはあまり口に合わないし、昔からお節作り&餅つきまでやってきて、正月準備はお手のもの! と思っていたが、気がつきました! 今までずっと下ごしらえだけ、手伝いさせられてたことを。きんとん用の芋の裏ごしとか、卵の裏ごしとかの体力仕事と、くわいの皮むき、数の子の皮むきとかの、面倒なところだけ。肝心の味付けがさっぱり判らず、母親は適当よ! しか言わないので、NHKの今日の料理を買ってきました。自分の家の味を作るぞ! 

伝えていきたい(kamojiru)

新潟に住んでいますが、昔は(30年前)この地方ではおせち料理よりも、大晦日の料理の方が豪華でした。31日の夜食べきれない程のご馳走をテーブルに並べるのが常でした。お正月はお汁粉、お雑煮くらいです。後はニ、三の郷土料理があるくらいでした。結婚して子どもができてからは、本に載っているおせちを作っています。面倒だなと思いますが、親が作っている姿、味を見せないと子どもも作らないと思います。幸いなことに娘も5年前に結婚しましたが、作っているようです。おせちに限らず料理は各々の家庭で作って一緒にテーブルを囲むことが大切だと思います。

恒例行事になっています (すだち・兵庫・既婚・34歳)

毎年31日は朝から夫と二人でおせち作りです。疲れてくると、お互いに励まし合いながら作業します。毎年の恒例行事になっているので、今後もずっと続けていくと思います。

「やっぱわたしの黒豆が一番おいしいわ〜」(シアン・東京・既婚・28歳)

普段からお惣菜にしても、お弁当にしても買うことはほとんどありません。おせちもそう。別に手作りにこだわっているというわけではありませんが、出来合いのものは。わが家にとって甘すぎるもの、味の濃すぎるものが多く、結局口に合わなくて残って捨てるということになってしまうんです。料理は好きだし、伝統はできる範囲で残していきたいと思うので、おせちは家族が好きなものだけを少量作ります。結婚前の10代の頃からほぼ毎年作っていますよ。自分で作って「やっぱわたしの黒豆が一番おいしいわ〜」と自己満足の世界です。今年は年末温泉旅行に行くことになったので、サボります。お雑煮だけで我慢してもらいます。

おせちは作るのが楽しい(mamarin・大阪・既婚・36歳)

主人の実家で元旦を過ごさなくて良くなってから、自宅でおせち作りにいそしみます。豆類や昆布巻きなどはおいしいのを買ってきて、煮物、だし巻き、田作りなどは作ります。まだ、義母の味には追い付けないけど、子どもたちも結構好きで、お重が空になっていきます。洋風素材(豚の紅茶煮)やプルーン、ドライフルーツなども入れたりサラダを添えたりしています。お雑煮は実家の母譲りの味付けにしています。娘に両家の味を伝えたいです。

OTHERS

外国でおせちが欲しい(ammy・ヨーロッパ・29歳)

おせちはあまり好きではないのですが、外国人と結婚して外国に住んでいると「おせちがないとお正月の気分が出ないよー」と思ってしまいます。親からも、とくにおせちの作り方なんて習ってないし、材料だってないし、まったく手が出ません。でも将来ハーフの子どもができたらやはりどうしても「日本のお正月」を実現させたくなるだろうなあと思います。困った。

おせちよりもお雑煮に(ぴょん)

結婚して7年目くらいまでは一生懸命おせちを作っていましたが、二人暮らしなのでたくさん作っても余らせるだけ。ここ2年ほどは市販のおせち、それも2〜3人用のものを買っています。量も少ないし、だいたい元旦中にはなくなります。わたしはおせちよりもお雑煮に手をかけます。ダンナの故郷の雑煮と、わたしの故郷の雑煮がまったく違うので、元旦はダンナの雑煮、2日がわたしの故郷の……といった具合です。お雑煮だけはやっぱり自分で作って食べたいし、お雑煮食べると「お正月だ! 」って言う気がします。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

それぞれの家庭にそれぞれのお正月料理

みなさんの投稿を読んでいると、さぞかし美味しいものばかり、頭の中がご馳走でいっぱいになります。ひとつずつ味見してみたくなりますね。お母様から教わったもの、そして次の世代へ伝えるものという、「おせち」への意識がしっかりとあるようですね。

わが家は、きっちりとお重には詰めないものの、煮しめ、紅白なます、黒豆、きんとん程度をつくり、数の子、かまぼこなどをプラスして、普段あまり出番のない伊万里や金をあしらったお皿に盛り付ける程度です。そして、お雑煮とおとそで元旦を迎えるという簡単なもの。わたしが子どもの頃は来客もあり、母も重箱に入れて、すごいのを作っていました。でもだんだん来客もなくなり……、簡素化していった実家の正月を引き継いでいるのです。

それぞれの家庭にそれぞれのお正月料理があるようですね。なんだかほっとした気分になります。「食文化は、健在なり」お子様向けにウィンナーが入っていたり、自慢の紅茶豚(コレおいしいそう! )が入っていたり、わが家流おせちバンザイ! みなさんのおせち自慢、わたしも来年のおせちの参考にしたいので、教えて下さいね!

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english