自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/12/17(月) - 2001/12/21(金)
4日め

テーマおせちなんて作ったことがない!

今日のポイント

おせちって奥の深ーい食べ物。黒豆にちょろぎを入れたり。

投票結果 現在の投票結果 y44 n56 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

「おせちの陰にあるものは、嫁姑問題だった! 」という投稿にもあるように、家族そして、もっと広がって親戚までもが見え隠れして、けっこうおもしろいですね。おせちに限らず、お正月は、普段離れている家族も帰っ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

おせち、大嫌い(confirme・東京・25歳)

おせち料理は、わたしの母が嫁姑問題で祖母にイジメられていた記憶と直結してるので(笑)ハッキリいって嫌いです。幸せな思い出と結びついている人は、食べるんだろうけど、わたしは見るたびにイヤな気持ちになるので、近づかないようにしてます。それに、普段から季節を感じる素材を使って料理してるし、何をわざわざ正月だけ特別でなくても、と思ってしまいます。

NO

慣わし通りだけじゃなく、食べたいものを(shiho・埼玉・未婚・32歳)

すべてではないですが、かまぼこ、伊達巻き、黒豆、ちょろぎなどは買います。かまぼこ、伊達巻きは、わが家では消費量が多すぎて、作るのでは間に合わないから。黒豆やちょろぎなどは、逆に少しあればいいので。羊羹などもそうですね。必ず作るのは、煮しめと昆布巻き。これは特殊な材料を使うので買えません。それに盛り付けるのは、昔は重箱でしたが、今はオードブル皿に。ちょっと違反かも知れませんが、慣わし通りに作るのではなく、食べたいものをチョイスして盛り付けています。

洋風素材を入れたり(mamarin・大阪・既婚・36歳)

主人の実家で元旦を過ごさなくて良くなってから、自宅でおせち作りにいそしみます。豆類や昆布巻きなどは美味しいのを買ってきて、煮物、だしまき、田作りなどは作ります。まだ、義母の味には追い付けないけど、子どもたちも結構好きでお重が空になっていきます。洋風素材(豚の紅茶煮)やプルーン、ドライフルーツなども入れたりサラダを添えたりしています。お雑煮は実家の母譲りの味付けにしています。娘に両家の味を伝えたいです。

下手でもいいから(チュチュ・大阪・既婚・49歳)

結婚するまでおせちなど作ったことなんかありませんでしたが、本を見ながらどうにかこうにか、初めて作った思い出があります。今では、子どもたちも家のおせちがお正月に欠かせない大事な行事のように、「今年も百合根のきんとんと煮しめを作ってね」と言うようになりました。

三姉妹+母の力(きどえり)

母が自営業のため、姉妹でつくります。といっても、生協で八幡巻き、昆布巻き、田作り、伊達巻きなどを買いまして。手作りするのは、煮物類(れんこん、里いも)、なます、たたきごぼう、栗きんとんくらい。そして、カズノコの味付けは母が。黒豆は叔母が煮て持ってきてくれるのが、毎年の恒例ですね。センスのある一番上の姉が盛り付けを担当。三女のわたしは洗い物担当です。

一人暮らしでも、お煮染めとなますだけは(たみたみ・東京・未婚・31歳)

一人暮らしをするようになってから、お煮染めとなますだけは作っています。あとは出来合いいのものをいくつか買ってきて、お重に詰めてお正月気分を味わっています。それがないとお正月になった気分がしないのです。

OTHERS

甘辛いものが苦手なわたしは、作る気になれません。(YUKIKO)

甘い料理、甘辛いものが苦手なわたしは、作る気になれません。けっして料理が嫌いというわけではないのですが。日本の伝統と思うと、元旦の食卓にないのも寂しいので、デパ地下に頼りたくなってしまいます。もしくは実家へ。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

まだまだ家庭の求心力になっているのですね

「おせちの陰にあるものは、嫁姑問題だった! 」という投稿にもあるように、家族そして、もっと広がって親戚までもが見え隠れして、けっこうおもしろいですね。おせちに限らず、お正月は、普段離れている家族も帰ってきたりと、まだまだ家庭の求心力になっているのですね(涙)。

おせちというと、煮しめ、お重が浮かびますが、お正月はこんなご馳走を食べるぞ! という投稿も欲しいです。意外にも地道なイー・ウーマンたちに、ちょっとびっくり。取り寄せでカニや海産物三昧食べるとか、超高級ワインにひたるとか……。

毎日がご馳走になった今、「正月こそは、ご馳走」なんて死語になっているのかもしれませんね。ぜいたくになった今こそ、ラマダン正月なんていかが? 正月=動かない、食べる→太るという構図から脱出できるかも? もうひとつ、食べる側の意見も知りたいところですね。食べたい人がいるから作っているのか? 正月だから作っているのか? どっち?

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english