自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/3(月) - 2002/6/7(金)
3日め

テーマエスニック料理はもう定番?

今日のポイント

エスニック料理のレシピや調理方法の情報収集はどこから?

投票結果 現在の投票結果 y68 n32 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

「家庭菜園」派が、2日連続で登場しましたね。ゴーヤ栽培まで手を染めるsarunekoさん、あなたは何者? お二人のように食材を育てるところまでいかなくとも、mamarinさんのように旅先で出会った味を……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

ゴーヤ栽培まで始めてしまった!(saruneko)

週に2〜3回は何らかの形でエスニックな料理を作ってます。和・洋・中・エスニックはほぼ同等の扱いをうちではしていますが、とくに夏場や冬場はエスニック系が増えます。タイ、ベトナム、インドネシアなどの料理から、アラブ系のもの、メキシコ料理も友人がいるので教えてもらっては自分のものにするべく試しています。最近はまっているのは沖縄料理。いろいろ作ってみてますが、どれもおいしい。で、とうとう自分でゴーヤの栽培も始めてしまいました。スーパーで買えるんですけどね(笑)。

旅先の味をわが家の味に(mamarin)

10年ほど前訪れたハンガリーのロールキャベツの味が忘れられません。それはキャベツが溶けるほどに煮こんでありました。以来わが家のロールキャベツはとろとろです。キャベツの種類が違うから本場の味とは違うけどいけます。あとよく作るのはメキシコのチリビーンズ、ロシアのピロシキ、スペインのガスパッチョ、インドカレー、チャパティや北アフリカのクスクスも好きです。定番に近いかな? でも本場の味というよりはわが家風にアレンジされているかもしれません。

大好きタイ料理(MARNI)

よくタイ料理を食べに行きます。こぎれいなカフェ飯もいいけど、やっぱり歌舞伎町の奥地にある、現地人だらけのところがよい。辛さも日本人レベルに下げてないから、本場で食べるのと同じ味がする。調味料などを買って家でも作ってみるんですけど、なかなか現地っぽい味って出せないんですよね。それがこれからの課題です。

トルコ料理は刺激的(KATE)

以前会社帰りに同僚と行ったトルコ料理店が忘れられません。階段を降りるとすでにターメリックのような匂いがぷーん。出てくる料理も怪しくはないのですが、見慣れないものばかり。またトルコ人の御主人のたどたどしい日本語がトルコぽい雰囲気を醸し出してるんですよー。何がおいしいってわけじゃなかったけど、記憶に残るいい経験でした。

沖縄の味いろいろ(しんちゃ・岐阜・31歳)

沖縄料理はわたしにとって、外国の料理よりも新鮮なエスニック料理でした。ソーキソバやミミガー、ゴーヤチャンプルーとかもそうだけど、シークァサーや紅芋、ウミヘビなど素材もおもしろいものがいっぱい。毎日お店のメニューから知らないものを片っ端から頼んで、説明を聞きながら食べていました。あらためて、所変われば味も変わる

NO

興味はあるけれど(ぽよ)

ウチではまだ定番とは言えません。作るにもいろいろな調味料を揃えないといけないような気がして、なかなか手が出せません。レストランでもウチの方は都内のように気軽に入れるものが少ないので、ほとんど行かないです。デパ地下の食品は高いし。興味津々なのですがね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

異文化は、まず体験をすることから

「家庭菜園」派が、2日連続で登場しましたね。ゴーヤ栽培まで手を染めるsarunekoさん、あなたは何者? お二人のように食材を育てるところまでいかなくとも、mamarinさんのように旅先で出会った味を家庭の食卓に取り込んだり、外食で食べた味が家庭の味になったりと、みなさん勉強熱心、そして実行力も大いにおありですね(笑)。日本の料理もおいしいけど、異文化の料理を食べるのも、そして料理するのも楽しいですよね。

異文化は、まず体験をすることから。体験したものを家庭で再現する。本場の味までは届かなくとも、自分なりに調理されているのですね。では、その情報収集の手段は、何ですか? メニューやレシピの収集は、どこから? 友だちに教えてもらう、その土地の調味料を利用するという声もありましたが、ぜひ、その手段を教えて下さい。

わたしはというと、現地本を読む(読めない場合は見る)。現地の料理教室へ潜入するのもおもしろいですよ。旅先のホテルなどで、観光客向けや現地マダム向けにクッキングスクールを開いていますが、スクールの最後には、しっかりテーブルについて試食までできるというおまけつき。これは、なかなかのオススメです。

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english