自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/3(月) - 2002/6/7(金)
5日め

テーマエスニック料理はもう定番?

今日のポイント

エスニック料理の刺激とエネルギーで暑い季節を乗り切ろう

投票結果 現在の投票結果 y66 n34 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

外食やお惣菜の話がでてくるかと思っていたこのテーマ、うちで調理するという話を中心に盛り上がりましたね。(最下位でしたけど(泣))なんて意欲あるイー・ウーマンたち! きっとみんな料理好きなんだろうなぁ………

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

主婦仲間のランチにはまだ遠い……(ふきのとう)

10年以上前から、タイ、ベトナム、カンボジア、インドネシア料理なんかが大好きです。もちろん中華も(スペイン料理もエスニックに入るかな?)。それもおしゃれっぽくアレンジされた店より多少汚めでも本格的なところが好き。東京なので、いろいろなお店を巡る機会に恵まれていたんですね、多分。スーパーでナムプラーやライスペーパーやココナッツミルクなんかの食材が手軽に入手できるこの頃は夢のようです。定番化と言いたいところです。でも、主婦仲間で「ランチしよう」ってことになっても、ベトナムやタイ料理って言うと何気にかわされてしまう(笑)。真の定番化はまだなのかなぁ……。

旅先の味をわが家の味に(mamarin)

10年ほど前訪れたハンガリーのロールキャベツの味が忘れられません。それはキャベツが溶けるほどに煮こんでありました。以来わが家のロールキャベツはとろとろです。キャベツの種類が違うから本場の味とは違うけどいけます。あとよく作るのはメキシコのチリビーンズ、ロシアのピロシキ、スペインのガスパッチョ、インドカレー、チャパティや北アフリカのクスクスも好きです。定番に近いかな?でも本場の味というよりはわが家風にアレンジされているかもしれません。

何でも日本風にしないで(timp)

マレーシアに旅行した時に現地で食べた味が忘れられません。ちょっと変わった香辛料などに出会えると驚きと感動がありますが、最近ではいろんな店でエスニック料理を出していますね。でも、現地のままの味を再現するのが難しいのか、「日本人好み風にアレンジ」した料理も多いと思います。確かにそれなりの味はするとは思いますが、先日はトムヤムクンに豆腐が入っていて、かなり違和感を感じました。

半分「タイ人」のわたしたち(もーも・大阪・既婚・34歳)

以前タイに住んでいたこともあって、今でもタイ料理はよく作ります。日常的な会話はできるので、現地人と言葉を交わす中で情報を集めて、自分たちなりに開発(?)してきました。インスタントペーストなどを使いますが、必ずスパイスやハーブ類などを足すようにしています。パクチー(香菜)は、当然ベランダにたくさん茂らせています。ところで有名なトムヤムクンですが、わが家のにはいろいろなシーフード(えび以外にも)とトマトを入れるのが定番です。トムヤムクンはタイ人家庭では家ごとに味が違うもの。トマトを入れるというのも、あるタイ人(南部出身)から聞きました。まろやかになっておいしいですよ。お試しください。

現地のお料理教室は刺激的!(chouala)

外食といえば、エスニック系が多いものの、なかなか自宅で作るところまで行きません(レシピは山ほどあるのに)。しかし、道畑さんがおっしゃっていたように、旅先でお料理教室に参加するのはとっても楽しい。先日シンガポールに5泊滞在中4回も、いろいろな料理教室に参加してきました。生徒さんも観光客だけでなく、現地や駐在の奥さま方がいらして、反応を見ているのも異文化体験で楽しい。先生も中国系、インド系、パキスタンの方とシンガポールならではのインターナショナル。実習がある教室は少なかったですが、先生の教え方を見るのも勉強になりました。アジアと西洋のフュ−ジョン料理クラスでは、パキスタンの先生がアレンジした日本料理を教えてもらいました。料理の組み合わせ方、味付けの仕方や、盛り付け方が、日本人のわたしには思いもかけない方法で大変刺激的でした。

世界のシーズニングを楽しむ(Maja)

簡単な野菜の炒め物も、シーズニングを変えるだけでエスニックになります。海外旅行にいくと必ず市場やスーパーをのぞいて、○○ジャン、○○オイル、○○ソース、○○の塩を探します。その土地のにおいを楽しみます。日本に来ている外国人も自分の故郷のソースを送ってもらってわが家の味を楽しんでいるようです。中には添加物や着色料が心配なものもあります。

ゴーヤ栽培まで始めてしまった!(saruneko)

週に2〜3回は何らかの形でエスニックな料理を作ってます。和・洋・中・エスニックはほぼ同等の扱いをうちではしていますが、とくに夏場や冬場はエスニック系が増えます。タイ、ベトナム、インドネシアなどの料理から、アラブ系のもの、メキシコ料理も友人がいるので教えてもらっては自分のものにするべく試しています。最近はまっているのは沖縄料理。いろいろ作ってみてますが、どれもおいしい。で、とうとう自分でゴーヤの栽培も始めてしまいました。スーパーで買えるんですけどね(笑)。

沖縄の味いろいろ(しんちゃ・岐阜・31歳)

沖縄料理はわたしにとって、外国の料理よりも新鮮なエスニック料理でした。ソーキソバやミミガー、ゴーヤチャンプルーとかもそうだけど、シークァサーや紅芋、ウミヘビなど素材もおもしろいものがいっぱい。毎日お店のメニューから知らないものを片っ端から頼んで、説明を聞きながら食べていました。あらためて、所変われば味も変わる

香草は苦手……(potofu)

エスニック料理は好きです。辛いのは大好きです。でも、パクチーってあるじゃないですか。あれはいただけません。一口食べると料理の味が分からなくなっちゃう……エスニック料理って、とても刺激的な香草使ってますよね。あれはちょっと苦手です。

NO

歳とともに遠ざかってます(klang)

トルコ料理、タイ料理、ギリシャ料理……そのあたりをエスニックとしてイメージしますが、わたしは年齢とともに、遠ざかってしまってます。海外生活が長かったのですが、食生活はかえって和食にこだわるようになりました。ないものねだり?いえいえ、たまには良いけど、とくに体調が良くない時などは絶対和食じゃないとダメでした。でも、日本の「エスニック料理」は体にも良さそうですね。

OTHERS

本格レシピはあるけれど……(ぎんぺー)

仕事でしばらくシドニーに住んでいました。さすがに移民の国だけあって、世界各国の料理が現地そのままの味で楽しめ、すっかりエスニック料理の虜になりました。とくにタイ料理が好きになり、現地のカルチャースクールのタイ料理教室に半年通いました。先生はもちろんタイの方で、レシピもその先生の手作り。まさにタイ家庭料理の味を覚えました。ただ帰国後それを作ろうと思っても、コリアンダーや生ハーブなどの食材が手に入れにくく、なかなかやる気が起こりません。あちらではどれも普通のスーパーで簡単に手に入れられたのに……。レシピだけはちゃんととってあるのですが、活躍の場がなく残念です。それにしてもシドニーで食べたエスニック料理はおいしかった……。当時行っていたレストランで食事をするためだけでいいから、近いうちにまたシドニーに行きたいと思うほどです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

エスニック料理は、スローフードだ

外食やお惣菜の話がでてくるかと思っていたこのテーマ、うちで調理するという話を中心に盛り上がりましたね。(最下位でしたけど(泣))なんて意欲あるイー・ウーマンたち! きっとみんな料理好きなんだろうなぁ……。

自分でエスニック料理を作る方は、豆腐入りのトムヤムクンのような中途半端なものは、食べない、作らない。ホンモノ追求系ですね。私もそれには賛成です。そして、ホンモノを味わうためのポイントは、食べる環境です。やはりエスニック料理や郷土料理は、背景にある風土と気候があってこそのもの。そこで育つ食材と気候にあった味付けが最も人間の舌にとっておいしいのです。インドの甘いラッシーも熱い空気だからこそおいしいのであって、寒い気候では、いまいち盛り上がりません。

このような気候風土にあったものを食べようという動きが、スローフード運動です。エスニック料理は、スローフードみたいなものですね。しかし、あまりに多くの食文化があふれる日本、世界中の食材を集める強欲さの裏側に狂牛病の発生など食の安全が脅かされている事実があるのです。いま一度、このような視点で、エスニック料理、そして身近な郷土料理を見直してくださいね。最後に、みなさん、今度おうちに伺ってもいいですか? お誘い待ってます!

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english