自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/6/17(月) - 2002/6/21(金)
3日め

テーマわかっていてもおやつは止められない

今日のポイント

あなたの机の常備おやつは何?

投票結果 現在の投票結果 y86 n14 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
磯部美季
磯部美季 フリーライター

目論見どおり、おやつ我慢できない派が増えてますねえ。よかった、よかった、私だけじゃなくて。玉青さんの「生クリームの絞り口をそのまま吸っちゃいたい衝動」ってわかる、わかる。ここだけの話、お菓子でも作ろう……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

生クリームが突然欲しくなる!(玉青・神奈川・未婚・34歳)

普段、おやつがなければダメ! ということはないのですが、3ヶ月に2回くらいの割合でものすごく食べたくなります。それが生クリームなんですよね。クリームの絞り口をそのまま吸っちゃいたいくらいの衝動にかられます。もちろんそれはしませんが、大好きなケーキ(生クリームたっぷり)を2、3個一気に食べてしまいます。でも毎日じゃないし、いいよね(自分に言ってます)! 

眠気覚ましにチョコや飴を(saji)

お菓子、大好きです。いけないとわかっていながら、あれば食べてしまいます。会社でも眠気覚ましにチョコや飴をたくさん……。食べただけ膨れるお腹と下がるお尻をスリミング化粧品を擦り込むことで気を紛らす今日この頃。まったく食べないのはストレスになるので、カロリーを気にしてみたり、量に気をつけたりするくらいしか対処法が思い浮かびません。

ほんの一口(ぶぶちゃん・奈良・既婚・34歳)

目の前においしいものがあると、つい……というのは、わたしもそうなんですけど、理性を忘れて食べ過ぎてしまうと、体のリズムが途端に悪くなるので、最近はケーキなら夜にいただくのはほんの一口(残りはもちろん、朝に食べる)というように気を付けています。時間を守って食べるとあまり身にならずに済むようです。

酒か菓子か(miyaco)

母の血をひき、お酒も甘いものも大好きなわたし。そして母は見事な肥満体。20代後半に、「どちらかは我慢しよう」と決意しました。お酒は一人で飲むことはないので、わたしにとって大切なコミュニケーション・ツール。最近お菓子はほとんど食べません。お菓子を食べる時は「今週はお酒を控える」と自分に言い聞かせています。

忍の一字(めぐ・東京・未婚・39歳)

甘いもの、人一倍好きです。食事抜いても、甘いもの。ですが、今は心を鬼にして、それはもう必死に食べないようにしています。歳を重ねるごとに、脂肪は落ちにくくなる、どんなにダイエットしても以前ほど体重が落ちなくなっている事実。時々、なんでこんなに苦しい思いまでして我慢してるのだろうと、虚しくなるけれど。着られない服をこれ以上増やさないためにも、がんばるしかないと、耐えています。

楽しみはやめれない(SLちゃん・愛知・未婚・31歳)

どんなに落ち込んでも、甘いものを食べて元気になるわたしは、お酒を飲んでいても、なぜか、ケーキとコーヒーは、別腹。旅行に行って、泊まったホテルで、一番チェックするのは、ケーキの種類だから、やめられないですね。

NO

一生分の甘味摂取量をとった(ゆっぺ・既婚・34歳)

お菓子、デザートはほんのお付き合い程度。自分から積極的には食べません。なぜなら、たぶん一生分の甘味摂取量を食べてしまったから。同居していた祖父母が、雑貨屋を営んでいたため、孫のわたしはお店のお菓子を食べ放題。20歳位の頃を境に、お菓子(甘いもの)は見たくもなくなりました。会社で女の子たちがおやつタイムに入ると、内心うんざりしてます。ゴメンネ。でも、甘いものが嫌になったのを境にお酒が大好きになり、やっぱり一生ダイエットはつきまとうのでした。

OTHERS

お酒も一緒……(さちぽん)

お酒が止められないわたしです。若い頃は甘いものも食べたけど、だんだん辛口一辺倒になってきた。もう少し控えなきゃとは思うんだけど……。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

我慢が必要なのも快感

目論見どおり、おやつ我慢できない派が増えてますねえ。よかった、よかった、私だけじゃなくて。玉青さんの「生クリームの絞り口をそのまま吸っちゃいたい衝動」ってわかる、わかる。ここだけの話、お菓子でも作ろうと泡立てた生クリームを、ボウルに指突っ込んで、ペロペロなめた経験あります、ワタシ。雰囲気のいいカフェかなにかで、ケーキと紅茶を一口ずついただくのもいいけれども、それとは違う満足感があるのよねえ。

sajiさんが投稿してくれた仕事疲れを癒すためのお菓子。これもわかる。頭や身体を使った後って、人間は絶対糖分を必要とするもの。午後のひと時、その後の仕事を乗り切るためにも、リフレッシュメントとしてのお菓子は大事です。これは我慢する必要なし、とさえわたしは思います。

さてさて、今日もいろいろな投稿がありましたが、ゆっぺさんの投稿を読んで、ふと思ったことが。おやつってさあ、「食べちゃだめだよねえ。我慢した方がいいよねえ」と思いながらも食べてしまうところに快感がありませんか。子どもの頃は、母親に「あんまりたくさん食べちゃダメですよ」と言われれば言われるほど、お菓子が食べたくなったし、お菓子でできた家に住みたいなあ、なんて夢想にふけったものです。

今は自分の中の理性が「そんなに食べちゃ太るって! 」って言うもんだから、むしょうに食べたくなる。ゆっぺさんは、たとえてみれば、子どもの頃、お菓子の家に住んでいたようなものでしょ。そういう環境だと、逆に「おやつ断ち」ができてしまうのかもしれないって、ちょっと思いません? そんなことしてちゃいけない、と思いながらもやめられない不倫のように、「我慢しなければ」と思えば思うほどに、恋しくなるおやつ。この気持ちを理解できるのって、やっぱり女性だけかしらん?

磯部美季

磯部美季

フリーライター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english