自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/3/24(月) - 2003/3/28(金)
2日め

テーマ料理を習ったこと、ありますか?

今日のポイント

習った料理はどんなことに役立ちましたか?

投票結果 現在の投票結果 y60 n40 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

お米のとぎ方や包丁の研ぎ方といった基礎派から、「食材作りからかかわりたい」というジョゼフィーヌさんのような本格派まで、いろいろな料理の習い方が出てきましたね。わたしの場合、ほとんど料理は自己流です(こ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

何かと役立つ家庭料理(bombom)

以前、家庭料理を習っていました。15年ほど前だったので、今みたいにイタリア料理とかフランス料理などの特別講座は少なかったですね。でも「洋」を習う前に、日本人ならではの家庭料理を習ったことは、今とても役に立っています。だって主婦としては毎日のことですから。

お米のとぎ方や包丁の研ぎ方も教わった(里穂・中部・37歳)

以前、習っていました。家庭料理を中心に、米のとぎ方や包丁の研ぎ方など、基礎的なことを教えてくれる教室に通いました。仕事上、家で母と夕食の支度をすることはできないので、母に習うように勧められました。おかげさまで今でも包丁研ぎはわたしの仕事ですし、いろいろと役立っています。家庭料理を教えてくれた先生は「だしの取り方」のとき、助手の人がふきんやボールを用意していたところ、「これはお客さまがいらしたときにやります。家族だけでの食事のときは茶こしで十分です。いちいちふきんを洗ったりするのは面倒ですから」と、手抜きのポイントも教えてくれ、感激しました。

食材作りからかかわりたい(ジョゼフィーヌ)

無類のカレー好きなので「カレーをルウから作る」というクラスに行ったことがあります。今後も「餃子を皮から作る」コースや「手打ちそば」などのコースがあれば行くかもしれません。こういう料理は普段は作りませんが、いかにも休日の趣味という感じで楽しいものです。

料理をすることの大変さに驚いた(マルちゃん)

独身の時、もう30年ほど前のことですが、習っていました。その時、料理をするとはこんなに大変なことなのかとカルチャーショックを受け、驚きもしましたが、作った後の試食はとても楽しいものでした。

NO

有名シェフの手ほどきを受けてみたい(mickeyさん)

いつも自己流の料理なので、ちゃんと料理を習いたいなと思っています。今は、有名シェフのお料理講習会なんていうのも多いですよね。外に食べに行くのも楽しいけど、家でおいしいぜいたくディナーをするのもいいなと思います。

沖縄料理をきちんと習ってみたい(rumik・愛知・既婚・33歳)

沖縄料理に興味があるのですが、料理の本もあまり見当たりません。「ゴーヤーチャンプルの素」といったものが市販されていますが、できれば沖縄の家庭料理をきちんと習いたいですね。沖縄に限らず、その土地特有の料理を教えてもらえる機会を探しています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

伝えるものから学ぶものへ

お米のとぎ方や包丁の研ぎ方といった基礎派から、「食材作りからかかわりたい」というジョゼフィーヌさんのような本格派まで、いろいろな料理の習い方が出てきましたね。わたしの場合、ほとんど料理は自己流です(これでもフードコーディネーターは務まる? )。

とは言え、仕事でご一緒する料理人の技をじっくり見たり聞いたり、また、郷土料理や外国の料理は、そこの土地の人に教えてもらったりと、あちこちでちょっとしたコツを教えてもらうことが、わたし流の料理上手への道なのです。

基礎編に目を向けますと、里穂さんの習っていらっしゃる教室は、料理の基礎をていねいに教えてくださるのですね。手間をかけるところと手を抜くところまでもしっかりと伝授してくださって、実際の家庭の台所に即役立ちそうですね。このような料理の基礎は、母から娘へと伝わるものであったはずですが、最近のわたしたちの生活を考えると、このような当たり前のことが、難しいことになったのですね。里穂さんのお母さまは、料理を伝えることができない現状をくみ、娘に料理を習うことを勧めていらっしゃるところがすてきだと思います。まさしく料理は、「伝えるものから学ぶものへ」となっている現状をよく表しているのではないでしょうか?

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english