自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/5/19(月) - 2003/5/23(金)
2日め

テーマ裁判員制度で司法との距離は縮まる?

今日のポイント

責任ある判断を下す国民の自発性を養うことも

投票結果 現在の投票結果 y52 n48 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
窪木登志子
窪木登志子 弁護士

ゆりぼたるさん、わたしの友人も、ゼミの教授から言われたことを思い出していましたよ。「日本では、隣の八百屋の親父に裁かれるならば、頭のいい裁判官に裁かれたいという意識が根強い」と。日本では、専門家を敬う……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

裁判員制度に賛成する理由は二つ(エコ・神奈川・既婚・33歳)

司法との距離を縮める一助にはなるでしょう。一般市民としての感覚と専門的知識を持った法曹とが力を合わせることは無駄ではないと思います。裁判員制度に賛成する理由は二つあります。一つは一般市民が狙われる凶悪犯罪が増加しています。ニュースを見ても連日そんな報道が多いですよね。わたしたちが他人事と遠くで見ていられる状況ではなくなっているし、一般市民だからこその司法への参加が必要だと感じます。二つ目の理由は、働き方の多様性を促進できるということです。最近ワークシェアという考え方が浸透しつつありますが、企業は従業員が裁判員として裁判所に行くこともありうるのだという体制作りをする必要が出てくるでしょう。それも社会にプラスに働くと考えています。

距離が縮まってほしいという願い(なべ)

日本でこのやり方が合っているかどうかが疑問だが、距離が縮まってほしいなという願いがある。

NO

必ずしもすばらしい制度だとは思えない(ゆりぼたる・岩手・既婚・50歳)

アメリカの陪審員制度が必ずしもすばらしい制度だとは思えません。裁判という法律に照らし合わせて人を裁く場には、あくまでも専門家集団が当たるべきだと考えます。刑事問題にかかわることが司法との距離を縮めることになるとは考えません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

裁判員制度は司法への信頼醸成策

ゆりぼたるさん、わたしの友人も、ゼミの教授から言われたことを思い出していましたよ。「日本では、隣の八百屋の親父に裁かれるならば、頭のいい裁判官に裁かれたいという意識が根強い」と。日本では、専門家を敬う考え方で、きた。権威化して遠ざける行動パターンが、今まで日本の秩序・治安維持に連なり、他方で長いものに巻かれろ式の自発性のなさになっていたのですね。

アメリカでは、そもそも開拓時代に町に専門家はいないから任せられないし、みんなが自発的に物事を決めざるを得なかった。立法・行政も、司法も、みんながその役をこなしたわけです。そして、偉大な一般人、つまりコモンセンスこそ大概において間違いがないという考え方で、きた。陪審制によく表れていますね。

では、日本で今、なぜ、陪審類似の「裁判員」が登場するのか。司法改革会議などでは、個々の被告人のためというよりも、社会が司法に対する信頼をより厚くするため、と説明されています。規制緩和の大きな社会の流れの中で、紛争は増えますが、事前規制ではなく、事後処理へ回されます。そこで、司法への信頼醸成策ということです。まさになべさんの言われるところです。拡大解釈すると、国民の自発性(自分で見て考え意見表明し責任ある判断をする)を教育するという意味まであるのかも。

エコさんが言うように、裁判員は、専門家の長所と市民の長所を合わせたものになると良いですね。人数をどうするかは決まっていないようですが、市民のほうを多くする案が有力です。権限は、裁判官も裁判員も各人平等を考えているようです。画期的ですね。裁判員は、あちこちのオフィスから選任されるほど多くはないでしょうが、それでも企業にとっては裁判員として送り出す義務があるわけです。ワークシェアの一つのインパクトになったらおもしろいですね(なお、日当・交通費は裁判所から出る予定です。また、選挙人名簿から無作為抽出で選任されますが、25歳以上または30歳以上にする予定のようです)。

なお、日弁連が制作を依頼した、映画『裁判員 決めるのはあなた』が、大好評にて、巡回上映中だそうです。石坂浩二さん、岩崎ひろみさんらが出演しており、検察官も涙をぬぐう出来栄えだそうです。森山法務大臣は、全国の検察官に「これを観よ」との指令を出したそうです。機会があれば観てみると裁判員制度の理解の一端となるかもしれませんね。

窪木登志子

窪木登志子

弁護士

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english