自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/9/13(月) - 2004/9/17(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマNHK受信料を今後も払いますか?

キャスター
藤田正美
藤田正美 元『ニューズウィーク日本版』編集長

NHKが揺れています。プロデューサーの制作費着服やら、受信料の着服、ソウル支局長のあまりにもずさんな経費の使い方。“北海道警の裏金づくり”を追及する資格などあるのか、と思えるような乱脈ぶりにあきれておられる方も多いでしょう。

もちろん、こういった話は官民を問わず、どこでもあることです。おそらくこの問題の根っこは、ずさんな管理というより、組織としての意識の問題だと思われます。

NHKはご承知のように受信料と税金で運営されています(NHKを視聴する人は受信料を払わねばならないことは法律で決まっています)。ということは、収入を得るために民放のようにあくせくする必要はないわけです。番組のコストの予算があり、それを上回って「赤字」になっても、おそらくは始末書一枚書かせられることもなかったでしょう。「いい番組をつくるためにお金がかかった」という言い訳が可能だからです。民放だったらこうはいきません。いかにいい番組だろうが、赤字では続けられないのです。そこに癒着やら不正を生む温床があります。

NHKがお金をたっぷり使って番組をつくることに、民放からはいつも「うらやましい」という声があがります。こうなったら、みんなで受信料を払うのを止めて、NHKが本当に必要なのかどうか議論したらいいのではないでしょうか。皆さんはどうお考えになりますか。

官でもない民でもない特異な体質が腐敗の温床なのでしょうか?

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english