自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/6/25(月) - 2001/6/29(金)
5日め

テーマ誰かの役にたちたいですか?

今日のポイント

ボランティアは恋愛に似てます。人生を彩り豊かにしてくれます。

投票結果 現在の投票結果 y98 n2 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
高橋陽子
高橋陽子 日本フィランソロピー協会

ボランティアは、もともと南北戦争やフランス革命の志願兵のことを言ったのが始まりです。ですから、「自発性」が大前提になります。自分から進んでやる、言いかえれば、「言われてもやらない、言われなくてもやる」……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

まずは自分のため(Kikumi)

ボランティアに参加していましたが、自分が不健康になってしまって一次休止しているところです。他人に何かさせていただく、ということで自分の株を上げようという気持ちはカケラもなく、自分で車を運転し、ガソリン代を出し、まったくの無償でやるからこそ、自分の栄養になると思ってやっていました。今度復活するときも同じ気持ちだと思います。

そこにわたしの居場所がある(miyabi・兵庫県・未婚・26歳)

数年前、新卒で就職活動をしていた頃、とにかく誰かの役に立つ仕事を、人の心を満足させるお手伝いをしたいと思い続けておりました。ほんのささいな事でもいい、生きる上でああよかった、って思ってもらえるような手助けがしたく、誰かがそう思ってくれることで自分の存在価値があるように思えるのです。聞こえはきれいごとであるように取れますが、今まで生きてきた中でほっと一息つげる瞬間心が満たされたりします。そういう際にも見えないところで誰かの力が働いているわけなのですから、さほど難しいことではないのではないしょうか?ただ何事も度が過ぎるとよくはありません。この場合恩着せがましくなっては終わりです。

怖いんです(けいこ)

火曜日にmopetさんも書いていらっしゃいましが、わたしも良かれと思ってしたことが相手には押し付けになって、悲しい思いをしました。電車で席を譲れば「年寄り扱いしないで! 」と怒られました。会社で困っている人に「この手続きはこうすればいいですよ。」と言ったら、「そんな事わかってる。うるさい。」としかられました。わたしの態度が相手を不快にさせたのかと思うと悲しくて、それ以来、人に親切にするのが怖いです。自然に何かをすることができなくなりました。以前は相手の喜ぶ顔を見てわたしも幸せになれたのに。今は、コンビニで買い物した時のお釣を寄付するという地味なことしかしていません。

人の役にたっているという思いが生き甲斐になるのでは(kimimi・神奈川・41歳)

人間って人の役にたっているという思いが生き甲斐になるのではないでしょうか?母は、ガンで余命3ヶ月と宣告されて入院し、七夕の時に短冊に「元気になりたい」「みんなが元気に暮らせますように」そして、「人の役に立てる日がきますように」と書いたんです。普通の主婦だった母が死を目の前にして、そんな願い事をしたなんて……知ったときは感動しました。色んな形があるけれど、わたしも含めて、人の役に立っているという気持ちを実感したいのは、ごく自然なことではないかと思いますが。

少しハッピーになれるから(taku)

「スーパーで後ろの人のために扉を押さえて待つ。地下鉄でベビーカーを運ぶ。こうしたことが少しの間だけほっとした時間をプレゼントしてくれるように感じます。自己中心的ですが、こうした小さなハッピーがあるからやりたいって思います。

自分ができる範囲でやります(みのり・既婚・36歳)

最近「あしながさん」になりました。交通遺児への寄付です。きっかけは東ちづるさんの書いたものや出演TVでした。彼女は自分の有名さも利用できるから、利用するというやり方で、自己満足ではない、相手のことを考えた自発的行為だと感じました。わたしなんかまだ自己満足。でも、いいじゃないですか、それで助かる人がいれば。わたしたちはみんな回りに生かされているから、わたしもなんらか恩返しをする。仕事(普通の会社員です)もその一つ。子育ても、ボランティアも自然に続けていきたい。

難しいっ(ちゃーまん・未婚・28歳)

ボランティア精神って難しいと思います。自分にとって親切心で行った行動でも相手には迷惑だったり……って考えるとなかなか積極的に声をかけることが出来ません。本当はどんどん誰かの役にたちたいのに……。

自分自身にも優しく(yocca・大阪市・未婚・29歳)

役に立ちたいと思うけど、時には自分が犠牲になっているような気持ちになったりします。最近、人に「自分自身にもやさしく、自分が喜ぶことをしてあげた方がいいんじゃないですか?」と言われました。そういえば、自分に優しくできないのに、他人に優しくしなきゃって思うから、犠牲になってる感じがするのかな?って思いました。自分自身に甘えるという意味ではなくて、自分のことを優しくいたわれば、自然と他人にも優しくなれるかな……。

自分の受けた親切を次の人へ(バル)

人の手助けができる人達と言うのは、やっぱりなんらかの意味で、余裕のある人達だと思います。わたし自身たくさんの人達に助けられて今こうして生活しているのだと実感しています。その自分の受けた親切を具体的にお返しする事もありますが、大抵はそんなお返しをすることが失礼で不自然で時間的に不可能になる事も多く、ただありがたく受け止めてしまっいます。そのありがとうという気持から、今度はわたしが必要としている人に差し出せたらいいなと日々頑張っています。

心の葛藤(ゆと・茨城・未婚・21歳)

わたしが、人の役に立ちたいと思うのは困っている人を見かけた時です。坂道で自転車をおすお年寄りの方や、重そうな荷物を持っている人etc...でも、そう思う事自体が偽善のような気がしてなかなか声をかけられません。自分が上の立場から相手を見ているようで、自分に対して嫌悪感を抱く時すらあります。

無理の無い範囲で役にたちたい……(クリス・東京都・既婚・39歳)

電車の中でお年寄りや体の不自由な方を見かけたら席を譲るとか、手をお貸しするなどはしてあげたいと思います。あと、子どものお友達のママが何か用事がある時はそのお子さんを家でお預かりするなど、とても身近な範囲ですができる範囲でお手伝いはしています。困った時はお互い様ですもの……ただ、されて当たり前みたいになあなあになるのはいやだと思います。

ささやかなことでもいい(rainyblue・神奈川・既婚・47歳)

「あしなが基金」(交通遺児のため)と「夢・風基金」(阪神大震災で被災した障害者のための基金)に参加しています。日々あたりまえな日常生活を送れることに感謝する気持ちから始めました。ひとりひとりが思いやりを持って生きていれば、それがボランティアにつながると思います。どこかでボランティア活動をしていたって、日常で他人の悪口ばかり、やお年寄りに席も譲らず、じゃしょうがないと思います。日々の生活の中で、だれかの太陽になれれば、それだけでりっぱなボランティアです。まず、自分がささやかなしあわせを感じて生きていくことが大切だと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ボランティアは、もともと南北戦争やフランス革命の志願兵のことを言ったのが始まりです。ですから、「自発性」が大前提になります。自分から進んでやる、言いかえれば、「言われてもやらない、言われなくてもやる」ということが醍醐味であるわけです。恋愛にも似ていて、忙しくても、好きな人に会うためだったら時間をやりくりしますね。暇でも、気が進まなければ会いません。また、好きになったら、少々嫌なことでも好きな人の為だったら、無理をしてがんばったりします。ボランティアも同じようなところがあります。

最後に、わたしが出会った「究極のボランティア」をご紹介しましょう。ある病院のホスピスボランティアの方にインタビューした時のことです。「一番大変なことは何ですか? 」と質問したところ、「何もしないことです」という答えが返ってきました。今日はボランティアをしよう、と意気込んで病室に行っても、その日の患者さんの気分が、放っておいてほしい、一人にしてほしいという時、それを察知して、そっとしておいてあげることだというのです。自発的に、やりたくてやろうと決めたことですが、決めた限りは、相手のために徹底的にやる、ということのようです。相手のニーズに添うことの究極の姿を教えられた思いがしました。

人生に恋愛はなくても生きていけますが、やはり人生を彩り豊かに、そして人としての喜びも学びも得られる貴重なものですね。みなさんも、身近なところでボランティアなどの参加や人とのふれあいを通して、人生をより豊かにしてください。

高橋陽子

高橋陽子

日本フィランソロピー協会

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english