自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/11/26(月) - 2001/11/30(金)
2日め

テーマ女性に介護の負担がかかるのは仕方ない

今日のポイント

男女区別なく介護も子育てもする、これが21世紀のスタンダード

投票結果 現在の投票結果 y20 n80 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
東海林のり子
東海林のり子 リポーター

みなさん。今週一週間、どうぞよろしく。それから、たくさんの意見をありがとうございます。みなさんから寄せられた投稿を読んでいると、実際に介護に携わったことのある方、あるいは介護している母親などの姿を側で……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

介護は専門家に頼みたい(ぴかぴか・東京・未婚・30歳)

わたしは介護は専門家に頼みたい。家族でももちろんいいけれど、専門家のほうがスキルもありそうだし。家族にあまり肉体的負担もかけたくないし。でも家族には、精神的にはそばにいて欲しいです。とは言うものの、介護を専門家に頼むのにお金がかかる! 将来のためにも貯蓄はしておかないと……と思っています。

女性だけが介護……とんでもないです!(ばびばび・未婚・28歳)

誰に介護して欲しいか、というよりも……やっぱり、介護は男女で手分けすべきですよ! いつから介護は女性の仕事と位置付けたんだ! ! 映画『老親』は、久々に感動した邦画でしたが、でも、あの主人公の女性のようにはなりたくないと思います。だんなも、親類も巻き込んだ介護が絶対必要。そのうち、介護した人がバトンタッチで介護が必要になるんだから、子育ても介護も男女でやる! これが、21世紀のスタンダードだ。

介護環境を改善するべき(utena)

もっと、介護環境をよくするべき! 「介護をするのは女性だ」なんだって言ってる状況じゃ、これからの高齢化社会の問題は解決しないと思う。たとえば、家で一人で暮らしていても、施設で介護を提供されてる状況と、ある程度同等の介護が在宅で受けられなければ変だと思う。今、介護が必要になったら誰に診て欲しいと考えるのではなくて、介護が必要になった時に、一番自分に合った環境に住んで介護を受けられる……そんな社会になって欲しいとホントに思う。家族がギブアップしたから施設……という考え方のままじゃ、(名目はそうじゃなくなってますけどね)お互いの関係上もよくないと思います。

統計上は仕方ないのかもしれませんが(愛姫・千葉・40歳)

介護が必要な人を抱えている家庭で、男性と女性のどちらが仕事をしているか……? きっと男性が外で仕事をしている割合が高いのでしょう。全体から見ると、女性が介護に携わるのは仕方のないことかもしれません。でも介護には体力が必要だし、男性の方が適している場合もあるはずです。介護は嫁が診るもの……という発想はやめていただきたいです。

介護をする人のケアが必要(miniko)

夫婦、家族において女性が「家庭人」である以上は、介護の「実行人」になるでしょう。ただしその場合、実行するのは女性であってもつねに夫婦(男女)で一緒に「考える」ことによる連帯感が必須。介護に関する共通した意識を持ち、常にその実体をみんなで把握しながら行うべき。そしてその大変さや辛さを、夫婦(男女)が気持ちの上で分け合い、お互いを思いやることができれば、女性は自分だけが負担しているという精神的苦痛を和らげることができる。「いつもありがとう」。この短い一言が、どんなに大切で効果があるか、介護に関わり続けてきた母を間近にしていたわたしには、よくわかるのです。

OTHERS

難しい問題だと思います(Comic)

わたしの母親は、自分の父親の両親をずっと診てきました。今、母は夫を介護しています。本当に頭が下がります。もし、父より先に母のほうが介護が必要になったとしたら、父が介護してるかどうかわかりません。できれば、ご主人の介護は奥さんがしてあげて、奥さん自身の介護が必要になった時には、病院や、娘さんに診てもらいたいと思うのが多いような気がします。友人のお母さんは、寝たっきりで自宅にいますが、お父さんが、口の中で食べ物を噛み砕いてお母さんに食べさせてるということを聞いて、友人のお母さんは幸せな人だと思いました。

できれば介護は家族の誰かに診てもらいたい(ta84)

やはり人によって、得意・不得意分野(料理が苦手だから女性に、体力に自信がないから男性、あるいは逆の場合も)があると思いますので、介護も分担でやればいいと思います。家族で介護すると、経済的には楽ですが、肉体的、精神的(介護する方も気を使うし、受けている方も気兼ねして言いづらいし)には大変だし……。専門家に介護してもらうと、逆のような気がします。介護って奥が深くて、難しい問題ですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

介護のために何かを失うのは女性……おかしいとは思いませんか?

みなさん。今週一週間、どうぞよろしく。それから、たくさんの意見をありがとうございます。みなさんから寄せられた投稿を読んでいると、実際に介護に携わったことのある方、あるいは介護している母親などの姿を側で見ている人は、「女性が介護をする」ということに対して、真正面から「No」と言い切れていないような気がします。「おかしい」と線引きできない微妙な気持ちが見え隠れしてきますね。逆に、これまで介護問題に直面した経験のない人は「女性に負担がかかるのはおかしい! ! 」と思っているようですね。

今、介護問題に直面している年代の人たちは、行政が「介護は在宅でするべき」という政策を推進してきた時代に、ちょうど当たる人たちなのだと思います。もうあと10年経過すれば、行政側の体制も全然違ってくるでしょうし、みなさんの考え方も違ってきているかもしれませんね。今は、介護は家庭でするべき、という意見と、行政の福祉政策との間にはさまった端境期なのかもしれません。

実際問題として、夫が働き、妻が専業主婦をしているケースでは、目の前の家族が倒れてしまった時、妻である女性が介護をするようになるでしょう。また中には、「家族の介護はわたしがするんだ」と思って、携わる人も当然いらっしゃると思います。ただ、わたしが気になるのは、誰かが介護をしなくてはいけなくなった時に、女性が仕事を辞めるのが当然だ、と思っている人が多いのではないかということです。介護している人の人生だって、決して長くはないはずなのに、いつ終わるともわからない介護に時間を費やしてしまったら、介護が終わった後の、その人の人生がもったいないように思うのです。そういう点で、わたしは女性だけに介護の負担がかかるのはおかしいと思います。自分が積んできたキャリアを、「介護しなくてはいけないから」という理由で、どうして女性だけがあきらめなくてはいけないのか。大きな問題であり、課題だとは思いませんか?

東海林のり子

東海林のり子

リポーター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english