自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/7/22(月) - 2002/7/26(金)
2日め

テーマあらためて“和”に魅力を感じる。

今日のポイント

日本人に生まれてきて良かったと思える瞬間は?

投票結果 現在の投票結果 y92 n8 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋元麻巳子
秋元麻巳子 エッセイスト

たくさんの投稿、ありがとうございました。みなさん、さまざまなところで「和」を感じているみたいですね。今日は、わたしが感じた「和」をいくつかお話したいと思います。

今の季節、わたしが一番身近に「和」を……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

夏の「和」の香り(miyabi・兵庫・未婚・27歳)

このテーマのタイトルを見るだけで、あの何とも言えない蚊取り線香のような夏の「和」の香りがしたように思えました。風鈴や扇子、夜には浴衣を着て線香花火……。こんなに夏の風情がある国は他にあるのでしょうか?

蚊取りブタのファンです(Yasumin)

数ある和物グッズの中で、何とも言えず哀愁を感じる「蚊取りブタ」のファンだったりします。大きく開いた口から、ふわーんと上がる蚊取り線香の煙。縁側でスイカを食べながら、夏っぽい香りを感じます。最近はいろんな形が出てきているけど、やっぱり基本はブタですよ。

わたしなりの「和」の楽しみ方(あまあ・大阪・既婚・26歳)

わたしは小さい時から、よく父の実家のある田舎町に帰っていたせいか、「ふるさと」な雰囲気に和を感じてしまいます。たとえば、縁側においた蚊取り線香の香り、開けっ放しの窓から入ってくる風や鳥の声。川の流れる音。自然に癒されるような独特の雰囲気があります。都会ではなかなか味わえませんが、自然を感じるものなんかを置いたりして、わたしなりの「和」を楽しんでいます。

畳にごろんと昼寝(malva・奈良・既婚・56歳)

わが家は猫ちゃんが4匹いるので、畳に被害が……(^_^;)。ですので先日、畳の表替えをしました。目にも涼やかな畳の青さと匂いが、気持ちまでリフレッシュしてくれます。窓辺の色とりどりの花を見ながら涼しい風が通り、ごろんと横になってお昼寝……。やっぱり日本人でよかったって思ってしまいます。

日本人に生まれて幸せ!(ほるすふぃーるど・三重・未婚・27歳)

わたしは現在、地方のショッピングセンターで仕事をしているんですが、この時期はぶらぶらと歩いているだけでも本当にうきうきしますね。夏祭りをイメージしたコーナーでは、ピンクに紫、水色といった色とりどりの浴衣が所狭しと陳列され、目を楽しませてくれます。またショップとショップの間には、屋台風の店が立ち並び、ねずみ花火や線香花火、駄菓子やお面など、まさに祭りの出店(でみせ)をそっくりそのまま持ってきたかのような賑わいを見せていて、そこに立ち寄っている間は、幼い子どもであった十数年前に戻ったような気分を楽しんでいます。今年もまた蒸し暑い夏がやってきましたが、蚊取り線香をセットして、うちわを片手にアイスクリームをほうばっていると、やっぱり何だかウキウキしてしまいますね。

常日頃感じてます(いまいくん・埼玉・既婚・39歳)

外資系の会社で輸入家具を扱っているので、日常的に海外の家具、人、文化に接してますが「海外」に接すれば接するほど、「和」の良さを感じます。一番の良さは、やはり細やかな気配りを感じる職人芸ですね。「こんなところにまで! 」みたいな気配りを発見するのが楽しみです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

記憶と結びついた「和」の魅力

たくさんの投稿、ありがとうございました。みなさん、さまざまなところで「和」を感じているみたいですね。今日は、わたしが感じた「和」をいくつかお話したいと思います。

今の季節、わたしが一番身近に「和」を感じるのは、うちわです。うちわって、とても日本的な感じがしませんか? お扇子を海外に持っていく人はあっても、うちわを持っていく人っていないと思うんです。それだけ、うちわは日本にしか似合わないっていうか……。

毎年、この時期になると主人が京都のほうにお座敷に招かれるんです(笑)。その時、舞妓さんが名刺代わりにうちわを配るので、「豆涼(まめりょう)」とか「玉葉(たまは)」とか書いてあるのがいつも家にあります。大きさが普通のものより大ぶりなので、ただあおぐだけじゃなくって、茄子を焼いたり、お寿司を冷ますのに使ったりと、お料理にも重宝しています。

また、田舎で感じた「和」というのもあります。小さな頃の話ですが、親戚の家では、まだ蚊帳を使っていました。蚊帳って、それぞれ隔離して寝るじゃないですか、それがとても怖かったのを覚えています。いまだに蚊帳を使うようなところだったので、あたりは本当に真っ暗で、月と蛍くらいしか明るいものがなくって……。だから、風情があるというよりも、怖かったという印象しかないんです。

反対に、都会で感じた「和」は、銀座の風鈴売りです。初めて東京に来た時、屋台を引いてるおじさんを見て、とても感激しました。だから、風鈴というと江戸風鈴が好きですね。その時の風鈴は今も大事にしていて、ガラスに描かれた文様が風に吹かれ、鈴蘭みたいに見えるのがとてもきれいで、目も耳も癒されます。こんな記憶と結びついた「和」の魅力もあると思います。明日は、みなさんのそんなお話もお寄せくださいね。

秋元麻巳子

秋元麻巳子

エッセイスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english