自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第10回 藤田正美さん

win-win

10
『ニューズウィーク日本版』 編集主幹
藤田正美さん

かわいがられるタイプ

佐々木

同僚の記者の方も、何人もいらっしゃったわけですよね。その中で藤田さんはどんな記者だったんですか?

藤田

それは僕に聞いてもわかんないけど……、マメな記者じゃありませんでしたね(笑)。つまり、細かい記事でも何でもマメに書くとか、そういうんじゃなくて、自分がおもしろいと思ったことだけ書くという、会社にしてみれば非常にわがままな記者、かな。でも書けばまあそれなりにおもしろいみたいなね。自分でそう思ってるだけですけど。

佐々木

いい記事が書けるとか、文章力があるとか、そういうことよりも、結局は自分がいろんなことに興味を持っていること、人なつっこくて、かわいがってもらえるタイプであること、というのも、取材をする上では大切なんでしょうね。

藤田

かわいがってくれた人はいっぱいいましたよね。日本郵船という会社からはずいぶんかわいがってもらった。それこそ「君、結婚してる?」なんて言われたりして(笑)。

佐々木

「うちの娘どう?」とか(笑)。

藤田

というより、「うちの秘書課にいい子いるんだけどさ」という感じ。

人なつこいかどうかじゃなくて、やっぱり人の話をよく聞いて、それを理解するかどうか。インタビューされる側で、こっちが話しても話しても、「お前わかってんのか?!」って言いたくなるケースってあるじゃない。

佐々木

「帰ってください」って言いたくなることありますよね(笑)。

藤田

「そんな質問してるからダメなんだよ」って言ったことあるけど(笑)。某新聞の記者にね。

要するに話していることに賛成するかしないかじゃなくて、話してることがわかるかどうか。あるいは、わかろうと努力するかどうか。わかった上で次の質問を切り返してくるやつは、「あ、これはすごいな」と思うんですよ。

僕が今、僕をかわいがってくれた人の年代になって思うんだけど、たとえば、25、26歳の駆け出しの記者と話しても、その努力があるやつだったら、「あ、こいつは見どころあるね」となる。だから、僕のところに来たらいろいろ教えてやろうと思うんだけど、駆け出しの小僧でわかったふりして来るやつには、「お前帰れ」って言いたくなっちゃう(笑)。そういうことだと思うな。

5/13

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english