自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第10回 藤田正美さん

win-win

10
『ニューズウィーク日本版』 編集主幹
藤田正美さん

OJTで学んだ英語

佐々木

ニューズウィークでは、いきなり編集長?

藤田

まさか。副編集長の前のデスクのようなポジション。前職のキャリアもあったので、経済もののデスクという感じでしたね。

東洋経済でまるっきりドメスティックな生活してたじゃないですか。外国人に取材するっていうこともなかったし。英語も話せない。ニューズウィークだけに、英語の電話がかかってくる。“Hello”とかかってきた途端に、「ちょっと待て」と言うような人間だったわけだから。とにかく、社内で回ってくる企画のメモっていうのは、全部英語なわけですよ。ニューヨークで打ち出したものが来るわけだからね。そうすると「う、これはやばい」(笑)。読むのに時間がかかっちゃうし、読んでもよくわかんないし。そんな生活を続けてきて、今はまあ、大きな顔してやっていますけどね。

佐々木

そうすると30代半ばから英語も勉強しながらですよね。それはどこで習得されたんですか?

藤田

「読む」のはもう完全にOJTですよ。アメリカ人のスタッフがいて、日本語も英語も上手だから、わかんないときはそこに直行。そこでとにかく、聞く。うるさいと言われるくらい聞きに行く。「どうして?」「なぜ?」「どうしてこう言うの?」と、もうそれの繰り返し(笑)。

佐々木

読んだり書いたりするのはOJTで習得したということですが、聞いたり話したりするのは?

藤田

それは、佐々木さんと同じ四ッ谷の日米会話っていうところで習得しました。それから、ニューヨークにトレイニーとして送られた時は、先生一人、僕一人で、1日5時間週5日、4週間ぶっ続けの特別コースに通いました。

会社が払ってくれたんだけど、アメリカで英語のコース取ると、割に安いじゃない。それでとにかく毎日5時間、英会話学校に通って訓練して、昼間会社に行ってちょっと仕事して、それからまた午後英会話学校に行って、夕方会社にまた戻ってという生活を4週間。だから100時間。

佐々木

やっぱりそれで英語力がグッと上がりました?

藤田

少なくとも自信はつくんですね。で、ボキャブラリーテストとかグラマーテストとかってやるとさ、並のアメリカ人よりできたりするじゃない。特にボキャブラリーって、『ニューズウィーク』をずっとやってるからすごく多いわけですよ。問題はリスニングコンプリヘンションでしたね。

そういうのをやってるうちに自信はつくんだと思いました。あと、鴨長明の『方丈記』を英語で説明しましたね。もちろん出だしの一節だけですけど、あれは結構おもしろかったです。「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」これを説明しろって(笑)。今は言えっていったって言えないけど、その時に夢中になって説明したんです。で「わかった」と言ってくれた。彼はカナダ人のアクターで、日本の文化とか、畳なんかに興味があった人で。そうすると『方丈記』を説明して、それから『四谷怪談』を説明して、なかなかおもしろかったですよ。自分が持っているものを説明するというのは、話す訓練としてはすごくいい。

7/13

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english