自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第102回 平田 オリザさん

win-win

102
劇作家・演出家・こまばアゴラ劇場支配人
平田 オリザさん

「伝えたい」というモチベーションは、「伝わらない」という経験からしか生まれないんです

平田

これは子どもの責任じゃないんですね。言語っていうのは、必ず省略する方に変わっていくので。でも、それは年齢を経るごとに、文章じゃないと伝わらない他者っていうものと会うことによって、文というものを手に入れていくのが普通の言語の発達なんですけど、それがなかったら、いつまでたっても単語でしかしゃべらないんですよ。

佐々木

どのぐらいの年齢の時に、他者との出会いがあるといいとかって、あるんですか?

平田

それは、発達段階において常にないとダメなんだと思うんですね。前の大学では演劇を直接教えていましたから、劇作家志望とか演出家志望の子もいて。おもしろかったのは、劇作家の話をしていて、いろいろ「こういう劇作家もいます。この劇作家は、こんな人生です」とか、ずっと話していたら、劇作家志望の女の子が来て、「でも、私は、本当に親も兄弟も大好きで、全くお金の苦労もしたことがなくて、こんなんじゃ劇作家になれないと思います」って言ってね。

でも、そうじゃなくて、例えば、子供は大体1歳ちょっとぐらいで言葉をしゃべるようになるわけですけれども、その時に、ママとかパパとかって言葉を先にしゃべりますよね。それは、言葉をしゃべるってことは、何かを区別することですよね。これを机と呼ぶってことは、これは机で、あの箱は机ではないっていう風に区別するっていうことですよね。

パパとかママって言うっていうことは、たぶん、パパやママと自分が違うってことを、子どもは無意識に認識するっていうことで、他者を発見するっていうことなんですね。だから親は「しゃべった!」って言って皆喜んでいるけど、子どもは、もしかしたらすごく寂しいかもしれないですね。それまでは、もう、地続きだったはずなのに、それが、違う……。

佐々木

自立の始まりなんですね。

平田

たぶん、その寂しさを恨みがましくずっと覚えている人間が、僕は、芸術家になると思っているんですね。

その孤独とかは、とても大事なことで、でも、それは芸術家だけではなくて、孤独とか、孤立とか、通じないということが、僕は大事だと思うんです。

伝える技術だけを、今、一生懸命に教えようとするんですね、スピーチとかディベートで。でも、伝える技術を身につけるためには、「伝えたい」というモチベーションがなきゃダメで、「伝えたい」というモチベーションは、「伝わらない」という経験からしか生まれないんです。この、「伝わらない」という経験が、もう、決定的に欠如しているんですよね。

18/31

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english