自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第102回 平田 オリザさん

win-win

102
劇作家・演出家・こまばアゴラ劇場支配人
平田 オリザさん

1対1で付き合うっていうことでしょう

佐々木

演出家として、今ずっとお話を伺っていたんですけど、もう一つの役割に、俳優に演技させるというか、俳優を育てるという、それこそリーダーとして役割があります。時にはオーディションで人を落とさねばならないという判断だったり、俳優ですから、必ずしも同じタイプの人ばっかりがいいわけじゃなくて、人を育てようと思っても簡単ではないだろうと。

平田

教育も同じだと思うんですけど、やっぱり1対1で付き合うっていうことでしょうね。皆違うので、1対1で付き合う。ただ、付き合える範囲が決まっていますから、だからうちは劇団も定員があるんですけど、本当に付き合える範囲は限られます。

教員も同じで、本当に1対1で付き合える範囲にしてもらわないと。前の大学を辞めたのも、それが理由なんです。学科の人気が出ちゃって、どんどん学長が学生を増やしちゃうので、それはもう全然できません、って言って断ったんです。自分がきちんと何かをするにしても、1対1でちゃんと理由が説明できるっていうことが大事だと思っているんです。

佐々木

それは先程の、部下に話しやすい環境を作るとか?

平田

管理職養成講座とかでワークショップをやると、「今の新入社員は何を考えているのか分からない」とか「意見を言わない」って参加者が言うんですけど、それは大抵の場合、意見の言いにくい環境になっている。しかも大事なことは、今の若い人達に限らずですけれども、一人一人、意見の言いやすい場が違うんですね。

意見を言いやすくするっていうだけだったら、マニュアルでできるんだけれども、そうじゃなくて、その人一人一人が意見を言いやすい場は違うんだっていう認識がないと、うまく物事は進まなくて。だから、いい企業ほど、いろんなミーティングを用意していますよね。

29/31

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english