自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

子どもにとっては、自分の親は可愛いんですよ

佐々木

私自身は、親に友達感覚は持ちませんでしたが、特に命令された記憶もなく、放ったらかされて育ったような記憶があるんです。今、自分が親になって子どもを育てているわけですが、結局、いろいろやってみています。でも私は私ですから、これ以上どうにもならないっていう所も、もう見せようと思って。

「悪いけど、今日はお母さんの全力を尽くしました」って宣言しちゃうこともあります。「この先はもう、お好きにやってください。お母さんは、すべての知恵と体験を、あなた達に今言い渡しました」みたいなふうに(笑)。

毛利

それ以上に、子どもにすがるというか、子どもを頼りにするっていうのも。

佐々木

そうですね。「お願い」とか。泣いた事がありますね、私。子どもの前で。

毛利

ああ、それは、いいんじゃないでしょうか。

佐々木

泣きながら、「もう、お母さんダメなんだから、もう、いいの」って。そうすると、子どもたちが慰めてくれます。「いいお母さんだよ。世界一だよ」とか言って(笑)。

毛利

そうそう。哲学者の鶴見俊輔が、「子どもには親性がある」って書いていますけど、その通りですね。子どもは、親の面倒をみたい、可愛がりたいって気持ちがあるんですよ。

だから僕もあったんですけど、たぶん夫婦げんかだと思うけど、嫌な事があってふさいでいたら、「パパ、これあげる」って、娘が、自分の口の中から飴玉を出して僕の口の中に入れてくれたりね(笑)。母親がムスッとしていたら、いい子いい子してあげるとか、抱っこしてあげるとか、親思いがありますから、それは利用しない手はないですねえ。

だから、たとえば、晩の食事のメニューは何にするか困った時に子どもに「今晩、何にしようか?」って聞くのは、手ですよ。すると、「カレー」とか「ラーメン」とか、言う事は決まっているけど、「じゃあ、それにしようか」で決まるから、楽で。

それで、出てきたものは秋刀魚だったりして、「母ちゃん、嘘ついた!」っておこったって、「何よ! 今日は秋刀魚が安かったのよ。カレーのつもりでマーケットへ行ったら、秋刀魚が大安売りしてたから、それにしちゃった」って。それでいいんですよ。

佐々木

やっぱり楽しく。それに、ゆるさというか、そういうものが家庭の中にあるのが、すごく重要なんですね。

毛利

そういうことですね、杓子定規には行かないですね。お母ちゃんもお父ちゃんも嘘をつく、失敗もする、やらなきゃならない事をやれずにいる、ってな事が見えている方が、子どもにとっては、自分の親は可愛いんですよ。「助けてやろうか」ってなってくれたりするから。

15/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english