自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

はっきり言っちゃうと、専門家が悪いんですよ

佐々木

今でもよく覚えているんですけど、うちの子がどのくらいだったでしょうか、2歳くらいの時、あるレストランのロビーで、満員で待たされていたんです。

毛利

それは上の子の場合?

佐々木

上の子の。そうしたら、やはり並んでた、近くにいたお母様が、赤ちゃんを抱いてやってきて、「すみません、いつ頃から歩き出しましたか?」って聞いたんです。で、「太ってたし、つい最近ですけれど、何で?」って言ったら、「うちの子は何ヵ月なんだけど、歩かないんです」って言うんですよね。だから、「大丈夫ですよ、大人になるまで歩かない人はいないから、大丈夫ですよ」って(笑)。知らない人なのに、私がすぐにそう答えたら(笑)。

毛利

偉い! さすが!(笑)。

佐々木

そうしたら、その人、何だか急に「そうですよね……」なんて言って。「この人に聞いても無駄だ」と思ったらしくて、スーッと去っていったんです。その時に、何ヵ月だ何日だって、ドキドキしているお母さんがいっぱいいるんだなと思ったんです。

毛利

それねえ、はっきり言っちゃうと、専門家が、やっぱり悪いんですよ。何ヵ月でどういう事ができるとか、体重は何グラムになるとか、そういう事ばっかり言うんですよね。だから、ちょっと、その標準なるものから遅れると、おかしいんじゃないかとか、脳性麻痺があるんじゃないかとか、どこか体に悪い所があるんじゃないかとか、いろいろ嫌疑をかけるんですね。それで、「また来月いらっしゃい」とか言うから、いけないんですね。

佐々木

ドキドキしちゃいますよね。

毛利

だから、ある幅をもって考えた方がいいんだ。こういう諺が日本にあるじゃないですか。「這えば立て、立てば歩めの親心」って。あれの下の句、知ってる?

佐々木

すみません、知らないです。

毛利

下の句が怖いんだ。「わが身に迫る老いを忘れて」という。子どもが成長していく事を願うけど、その分、親は年を取っていっているわけでね。だから、老いへの過程なんですよ、成長するっていうのはね。

佐々木

そうですね。

毛利

でも、それぐらい冷めた気持ちで見た方がいいと思うんですけど。だから、僕もそういう感じで育児書を書いてきたんですけどね。……だから罪深い事をやっていますよ、僕も(笑)。

5/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english