自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第109回 杉山ちなみさん

win-win

109
アスレティック・トレーナー
杉山ちなみさん

トレーナーは選手の仲間じゃなくてスタッフの一員です

佐々木

そうすると、本当に、一人一人をよく知らないとできないから、選手と深い関係をつくっていくのですか。

杉山

そうなのかもしれないですね。ただ、あまり選手と深入りしちゃうと、その後、なあなあになっちゃうのも怖いんです。それに、以前はチーム付きだったので、チームのトレーナーをやっていた時には、トレーナーは選手の仲間じゃなくてスタッフの一員ですから、スタッフとして選手を見ていかなくちゃいけないので、「痛いの? かわいそうね。じゃあ、今日は練習やめようか」とは言えないので(笑)、「じゃあ、監督と相談して、こうしようね」という話にもなるし。

メンタル的な問題というか、精神面で、たとえば監督の悪口を言ってきたりした時に、一緒になって監督の悪口を言うんじゃなくて、「監督はこういう事を考えて、あなたにこういう事を言っているわけでしょ?」みたいな、パイプ役みたいな事もやらなくちゃいけないです。

佐々木

肉体には当然、精神面も入ってくるという事ですよね。精神のモチベーションを上げなかったら、体がついてこないから。

杉山

本当に、それはすごく大切ですからね。どんな仕事でもそうだと思うんですけど。

佐々木

「Prevention」については、わかりましたが、一方で、今度は、怪我をしちゃいました、筋肉離れを起こしちゃいました、という人が、試合中や直後に急に運ばれてくる事もあるわけですよね?

杉山

チーム付きの時は、特に試合に帯同するじゃないですか。で、怪我をする場面を見るわけなので、何で怪我をしたか分かっているんですね。ここがお医者さんとか病院にいる理学療法士と私達の仕事の違いです。最近、帯同でドクターもついてくる事があるんですけど、実際に怪我をした現場を見ているので、たとえば肉離れを起こしたとか、足首を捻挫したとしても、何をしてそうなったかが分かるので、「こういう場面で怪我をしたから、次の時には、こういう場面で怪我をしないようにしなくちゃいけない」ということまで、指導できるんですね。

お医者さんっていうのは、通常、オフィスに構えていて、来た選手とか患者さんを、「どこが痛いですか? どうされましたか?」って形にはなるんですけど、今後はどうしたらいいか、という所までは、お医者さんに教えてもらえないんです。

佐々木

基本的に、怪我をした人達は、トレーナー達が治すんじゃなくて、お医者さんの所に行くんですね?

杉山

連れていきます。自分たちででできるアイシングとかはしますけれども、実際に一回ちゃんと診察を受けて、診断をもらわなくちゃいけないので、それはしっかりと。例えば、脱臼したときには、医者に連れていくまでも痛いので、どうやって固定してあげるか、考えて対応します。

12/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english