自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第11回 西 樹さん

win-win

11
株式会社花形商品研究所 代表取締役
西 樹さん

反骨精神から生まれたCI

佐々木

社名が「花形商品研究所」、名刺は真っ赤。とてもインパクトがあるのですが、スタート時からですか?

西

スタート時からですね。あのころですね、CIが流行ったんですね、会社のコーポレート・アイデンティティ。企業もお金があったんで、何でもロゴマークを作って。日本の企業はなぜかブルーが好きですね、だいたいブルーのマークで、ロゴがあって白い紙っていう……。

僕がつくった会社というのは、本当は個人でもいいようなレベルなんですけど、取引上会社にせざるを得なかった。口座の問題もあって会社をつくるっていう時に、同じような流れに乗っていては意味がないと思ってですね、僕もわりと反骨精神が大きいもんですから、逆張りにしようと。じゃあ絶対普通の大きな会社がつくらないパターンはどういうものかな、っていう(笑)。そこで思いついたのがベタ1色。

佐々木

すごいインパクトのある名刺じゃないですか。

西

でも1色だからお金がかかってないですよというのが落ちなんですけどね、実は(笑)。ベタで反転ですからね。たまたま赤にしたんですが。

佐々木

会社名もインパクトがありますよね。

西

会社名もね、いろんな経緯がありました。あれも反骨精神で、当時独立した会社は「なんとかプランニング」っていう会社が多かったんですよ。カタカナで横並びの会社って本当たくさんできた時期だったんで、もうその流れには乗らないと。それで会社名も漢字でいこうと。

そこで、なんだかわかんないような、業種を規定されないような社名を探していたんですね。そこでたまたま目にしたのが、「浜野商品研究所」。その商品研究所というくくりがおもしろかったので、そこに「花形」というのをくっつけた。

佐々木

「花形」っていうのはどういう意味があったんでしょうか?

西

お客さまの商品を花形にして差し上げるお手伝いという意味。後付けなんですけど(笑)。

佐々木

後付けなの!?

西

半分は後付けです。商品研究所っていうのは最初に決まってたんですね。で、探している時に花形商品っていう言葉がポッと出てきて、合体したという感じで。

5/16

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english