自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第11回 西 樹さん

win-win

11
株式会社花形商品研究所 代表取締役
西 樹さん

自分のカルチャーを持って差別化を

佐々木

今の名刺の話にもオーバーラップするんだけど、キャリア・ディベロップメントっていうこととPRを考えると、転職をする時でも、あるいは社内で仕事をする時でも、成果を上げる、実績を残すための自分のPRというのは、すごく重要なことだと思うんです。わたしは、日本人にはそういうことが上手な人があまりいないような気がするんですけどね。

別に転職する時ばかりがPRの場所ではなくて、日々会社の中で仕事をしている時とか、そういう時に自分をどう見せるかという意味でのPR、他の人とのパブリックなリレーションの作り方が下手なような気がするけれど、その辺は仕事していて感じられることってあります?

西

そうですね、若い人たちには、キャラクターっていう言葉がキーワードになっていて、その個人のキャラをどこまでブラッシュアップするか、どんなふうに差別化を図るかということに関しては、僕らの世代よりはよく知ってるんじゃないかなと思うんですよね。

「シブヤ経済新聞(以下、シブ経)」をやっていてよく話すんですけど、夕方丸の内に行くと、スーツを着た人がビルからドッと出てくるわけね。僕の知り合いの40代のクリエーターの方が、たまたまあの辺りで仕事をしてて、私服を着て丸の内を歩いてるとものすごい奇異に映るんですって。スーツを着てない男の人がいるっていうことがね。

渋谷だったら、スーツ着てる人のほうが逆に少ないんですよね。だからそのスーツを脱いだときにどんなものを着ているか、身に着けているか、渋谷の街を歩いた時に、どんなことに関心を持つかというのは、個人の中からしか生まれてこないもの。仕事に関係なくそういう自分のカルチャーみたいなものをちゃんと持ってれば、おのずからキャラクターの差別化が図れていくような感じがするんですけどね。

仕事とは関係ないけれども、自分の好きなことを追いかけ続ける力みたいなものがにじみ出てくると、それがまた新しいキャラクターになったりすると思うんです。

7/16

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english