自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

3年で辞めなくて良かったな

佐々木

すごいですね。満足感は高いでしょうね。

藤原

僕? 満足感という言い方はしないけど、納得感は高い。満足かどうかは俺じゃなくて、生徒が決めることなので、生徒が卒業したときに、ここが世界で一番通って良かった学校かどうかというのは、生徒に聞いてほしいって俺はいつも言っているの。

佐々木

自分がやりたい、または、やったらいいだろうということはやり尽くしましたか?

藤原

やり尽くした感はある。3年で辞めなくて良かったなって思った。最後の2年にカリキュラムに対する重大な変更をやったから。

佐々木

50分授業を45分にするという。

藤原

そうです。50分を45分にしたのは4年目ですね。それから「夜スペ」とかPTAの改革をやったのは5年目になるので、3年で辞めていたら、周りはいじって、子どもたちは喜んだけれど、日本の教育に対する全国的なインパクトいう意味では足りなかったと思う。最後の2年で「地域本部」や「よのなか科」のスタイルも完成してきたので。

佐々木

5年以上やろうとは思わなかった?

藤原

それはね、できないんですよ。要するに、東京都との間に5年の契約をしたから。もし僕が今もやっていたら、完全に王様になっちゃうから、何も反対する人がいなくなっちゃうでしょ、それはやっぱり良くないね。

佐々木

違う中学に行こうとか、そういうことも思わない?

藤原

ない。だって僕は同じことをやりたくない人だから。

7/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english