自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

その学校に給食が何日出されているか

佐々木

5年かけることによってできたことの大きさはわかりますが、そのカリキュラムの面はちょっと私も驚いたんです。今、いろいろな学校教育の改革とかが求められる中で、規制があってそんな自由はない、改革はできないという声が強く聞こえている気がするのですけれど。

藤原

それはウソなの。

佐々木

藤原先生がやっていらっしゃることを見ていてもそうだったんだけど、藤原先生がやっていらっしゃる特に、50分授業を45分にするなんていうのは、できるんじゃないかって。私は驚いたんですが、規制と関係なくできるということがまだまだあるってことですか?

藤原

そうですね。現行の指導要領下でも、最低限50分授業で980コマ以上やってくださいねっていう話なので。実際には50分授業で980コマでさえも、実はやれていないというところが、ほとんどなんですよ。これは言っちゃうと、バラしちゃうことになるんだけど。

お母さんたちの意識からするとね、その学校に給食が何日出されているかということをチェックすると、すぐに分かるんですよ。例えば和田中の場合、年間365日のうち学校が大体、200日前後開いている。僕が行った当時には、その間に178日しか給食が出されていなかったんですよ。これだと絶対に980コマなんてできるわけない。

佐々木

つまり、午後の授業がない日が多いってこと。全体のコマ数が少ない。

藤原

そう、そういうこと。例えば、始業式とか終業式とかをやった後にすぐ帰しちゃって、先生たちが楽しようとか、あるいは別の準備をしようとか。僕は去年、大体195日給食を出しているんだけど、190日以上給食出していなければ、980コマの授業は絶対にできていないはずですよ。だから給食日数で学校の稼働率を判断するのが非常に大事なことなんです。

そういう中で、45分で週あたりのコマ数を4コマ上げちゃった、他の中学では50分週28コマの標準を45分で週32コマに上げたので、和田中のカリキュラムはすでに「英数国」が3年間、全部週4コマになっています。だから、今回の新指導要領は和田中を追ってきているんですね、まだ足りないくらいですよ。だから圧倒的に有利。だって実際に3年間で400コマ近く増えちゃうから、3教科が100コマまで増えちゃうわけでしょ。その効果がどれぐらいか、想像に難くないと思います。

土曜日には、現2年生は「英語アドベンチャーコース」という英語を3コマ積み増して学ぶコースに70人以上参加してきたので、学年の半分以上の生徒が英検3級や準2級を目指して勉強しているわけ。これはものすごい。土曜3コマで、年間30日ぐらいありますからね、そうするとここでも100コマ積み増すでしょ。 さらに2年生の1月から「夜スペ」が始まりますけど、19人から始めたんだけど、追加募集をこの間かけたらしくて、20人また応募してきたようなのね。だから40人ぐらいでしょ。これも現3年生の学年の3分の1ぐらいになります。だから1年たった来年3月ぐらいのときに、ものすごい成果が出ると思いますよ。

8/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english