自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第122回 鈴木 淳子さん

win-win

122
児童相談所 心理職
鈴木 淳子さん

一緒に考えようよ

鈴木

相談に来る方の場合、ほとんどは親が困っていてくるけれども、子どものほうはよくわからなかったりしぶしぶつれて来られたりしていることが多いです。たとえば親が困っていることをまだ子どもには言えなかったり、言わなかったりすることもあるから、「お母さん、あなたのことで困って相談に来ているけど、あなたはどうかな?」とか。「もうちょっと家族でうまくやっていくというか、居心地よく過ごすにはどうしたらいいかなというのをお手伝いして考えたいんだけど」という感じで、子ども自身はどう感じているか、子ども自身にもモティベーションを持ってもらうことから始めます。

あなたも困っていることや解決したいことがあって、その相談を一緒にやっていくために、あなたを知りたい、あなたのデータを作りたいんだけど、と納得してもらって、知能検査や性格検査などを受けてもらいます。

佐々木

つまり子どものアセスメントをするということですね。当然、状況によっては、親の心理をきちっとアセスメントする場合もあれば、両方をする場合もあるということですよね?

鈴木

そうですね。例えば、「子どもが悪い。こんなことになったのはこの子がおかしいので何とかしてください」といった感じで相談に見える方もいます。

でも子どもだけが悪いわけじゃなくて、でも子どもだけが悪いわけじゃないんですね。生まれつきの育てにくさをもっている子だったりする場合もあるけれど、それが続いているのは、お互い一生懸命やろうとするけれども、日常の中で親子の関係が、歯車がどんどん噛み合わなくなっちゃってという関係性の問題もあるだろうし。夫婦関係も関係あるし、周りの人との関係がうまくいかないということも関係しているだろうし。だからその子や家族の人間関係や生活全体を見ながら、じゃあ、子どもの方はどう感じているのか、どう考えているのだろうか、ということを、子どもがそういう気持ちになってくれれば、話をしていくんですね。

私たちは、あなたの味方。子どもの側の人なのよ、一緒に考えようよと。そばにいるために、あなたのことを教えてほしいという形で。「あなたのことをもうちょっと周りの人に理解してもらうようにしよう」と。そしてわかったことは、まず子どもに伝えて、どうやって親に伝えようか、とか、子どもと作戦会議をすることもありますよ。

2/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english