自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第122回 鈴木 淳子さん

win-win

122
児童相談所 心理職
鈴木 淳子さん

「お母さんも大変ご苦労なさったでしょう」

鈴木

結構、子ども自身の育てにくさというのが小さいころからあって、お母さんも苦労していたりすることもあるんです。本当は誰が育てても難しい子なんだけども、でも、「自分じゃうまくいかないんじゃないか」とか「自分だから下手なんじゃないか」とかと、傷つきが多かったり。その上、それをご自分の親、つまりおじいちゃんおばあちゃんから批判されたり、夫から非難されたりして、ますます自信を無くしているお母さんも多いんですね。

そんな時、人から言われたりするとすごく「痛い」から、学校から「お子さんはこんなとことがあって」って言われると、思わず過剰に攻撃的になってしまったりする。そして余計に、周りとうまくいかなくなって。それで今度家では、「学校から言われるのは、あんたが悪いからだ」っていって子どもを非難したりしてしまってね。

そんな時に、子どもの心理的なアセスメントをすることで、子どもの特性がわかると、お母さんの大変さを理解してあげて、「こういうところが難しかったね、お母さんも大変ご苦労なさったでしょう」ってお母さんの大変さを伝えると、こわばっていたお母様の雰囲気が変わるのを感じます。

そして、その子どもの特性を見ながら、「こういうふうに言ってあげると、もうちょっと分かりやすいよ」とか、「言葉では分からないけれども、なるべく標語みたいにして、貼ってあげて、「1何々、2何々」と書いてあげると、「今何番だっけ?」って言ってあげれば、いらいらした気持ちがすっと収まってできるかもしれないよ」とか。テストから分かるちょっとした子どもの特性を知って、教えて差し上げることもできる。

佐々木

解決策を少し提案できるということですね。

3/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english