自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第122回 鈴木 淳子さん

win-win

122
児童相談所 心理職
鈴木 淳子さん

虐待の一報が入ると

佐々木

私はこのニュースを見た時、過去最高ということに驚いたのではなく、この先に、山ほどの子どもたちが隔離してもらえずに苦しんでいるような気がしてしまったんです。

鈴木

全国的に違いがあるかとは思うけれど、たとえば、虐待の一報が入ると、児童相談所は、びっくりするほど素早く、考えられる限りの詳細な調査をするんですよ。

それで情報を集めて、できるだけ広い角度から慎重に検討する。関わっている地域の保健師や、民生児童委員、小中学校、幼稚園、保育園などから情報を集めるんです。

例えば、アザがあるという通報があると48時間以内に目視確認に行く。相談員が直接じゃなくても、地域がかかわっているとしたら、そこの保健師さんにすぐに行ってもらうよう依頼したりとか。

佐々木

通報があったら、とにかく48時間以内に目視確認がある。でも、48時間って、意外と長い。でも緊急のときは、警察ですものね。

鈴木

児童相談所の運営指針では48時間以内にといわれていますが、実際はもっと早く行きますよね。アザがあれば、保育園で子どもを見て、担任の先生に聞いてきたりということもあるし。そういう中で、今までにアザが何回かあったとか、身体のどこの場所か、その重症度や部位からわかる危険性とか、そういう時お母さんはどう対処したのか、どう思っているのか、子育てに悩んでいるのではないか、子どもの発達や性格のことを心配して保育園の先生や誰かにに相談したことがあるのかとか。そういう情報をもとに、ある程度、仮説を立てますよね。そこで、どんなネットワークが作れるのかを考える。

だから虐待があるとか、ないとか、虐待があるから分離するとかというのではないんですね。虐待という状況は、行き詰まってしまって困っている親としてのSOSなわけだから、どういう支援が組み立てられるかを考えます。だからアザがあったとしても、それが段々減っていきそうだというんだったら、まず支援していく。でも悪化したら、すぐに保護します。

頑なに閉ざしてしまう、接触できなくなるのがこわいですね。ちょっと手を伸ばしてみてよかった、または差し出された手をつかんでよかった、少し楽になったと思ってもらえるように。本来自分の持っている力が発揮できるようになってほしい、と思うので、早めに介入しています。

子どもはね、大体、自分が悪いことをするから、こういうことをされるって思うわけだけれど、子どもはいろいろ失敗をしたりするでしょう。当たり前なんだよね。だから「ちょっとね、怒り方が違うと思うよ」と話していきます。そして子どもから「家に帰りたくない」というSOSがあれば、保護してそこからがスタートです。

佐々木

でもそれは小さい子だったら、やっぱり親元を選ぶ子もいるでしょう。

5/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english