自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

女性は、男性を撮りやすいと思います

佐々木

私、確か、イベント会場でお会いしたときには、ゴーンさんの撮影をされているとのことだったと思うんですけど、経営者の方をとることも多いのですか。

織作

そうですね。一時、経済誌の仕事もやっていたので、沢山のトップの方々にお会いしました。女性は、男性を撮りやすいと思います。

佐々木

ちょっと柔らかい表情になったり?

織作

そうですね。気を許すというか、撮りやすいと思います。それと、男に見せない顔、女性にしか見せない顔とか、ありますよね。解きほぐしたときの顔とか。

ポートレートっていうのは、実は、撮影している私自身なんです。だって、相手が私を見ている顔が、その時の私に対する顔なんですから。

佐々木

そうですよね、確かに。

織作

だから、ポートレートで「優しい表情で捉えるカメラマン」とか、いろいろ言われるのは、私が優しさを与えているとか、感じさせているので、それを見て、相手は優しい表情になってくれるわけです。撮る側が険しいと、撮られる側も作り笑顔になっちゃったりするので、人をうまく乗せる人のほうが、人間を撮るのには向いていると思います。

でも、おしゃべりすればいいってものではなくて、人それぞれなんですよ。入り込まれるのが、嫌な人もいたり、入り込まれることが平気な人もいたり。撮られ慣れている人も、撮られ慣れていない人もいるわけですよね。だから、お会いした瞬間に直感で、この人はどういう性格だというのを見抜けないと、人間専科のカメラマンは、ちょっと苦労すると思います。でも、そういうことが直感で分かる、動物的勘を持っている人の方が有利です。

佐々木

それは、持っていらっしゃいますよね?

織作

はい。わりと、人と会ったときに、そつなくできるほうかもしれない。

佐々木

ミス・ユニバースで鍛えられたでしょう。

織作

そうですね。本当にいろんな方々にお会いしましたから、それで訓練されました。

佐々木

それでやっぱり、心を許すというか、そういう瞬間がないと。

織作

相手も許してこないですしね。

佐々木

そう。こちらがまず開いて、男性でも女性にでも「アイラブユー」っていう気持ちでカメラを向けないと、その人はこっちを見ない。

織作

でも、時々、「素敵ですね」って言うと、赤面症の方がいらっしゃって、それで赤くなると、なかなか冷めなくて困ることがあるんです。それで撮影時間が。

佐々木

例えばどなたが?

10/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english