自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

もう一つが、桜の木なんです

織作

今、木とか花とか、植物を、じっくり撮り始めているんです。もう随分前からやっているのですが、それらをまとめだして、3年前から桜の木を撮り始めたんです。

佐々木

春、そう言えば、春ごろ、ホームページを拝見したら、桜を撮りに行くって書かれていましたね。

織作

私、日本の風景は後回しで、これまではずっと外国を回っていたでしょう? それでふと、日本人なのに、日本を感じるということを、もっとしてみよう、と思うようになったんですね。

それで、もしミス・ユニバースにならなければ行っていたかもしれない、日本画家の木村圭吾先生から「写真のほうに行って、よかったね。絵だったら、名前が出なかったかもしれないよ」って言われて、それで、写真家として名前も出たし一緒にコラボレーションをやろう、と言っていただいて。先生は何十年も桜を描き続けている方なんです。

佐々木

じゃあ、桜の絵と写真と。

織作

ええ、コラボレーションをやったんです、先生の絵と私の写真で。三島のクレマチスの丘にある美術館で展覧会をしまして、それを2007年の秋にパリで展示しましたら、私の作品を見て、「禅だ」と言うキュレーターがいらしたんですよ。私も「へえ」と思ったのですが、意識をしていない部分でやっぱり日本人なんだな、と思って。

私がどういう感じで向き合っているかというと、一つは、幼少期の風景がずっと頭の隅にあって、それを写真という道具、カメラという道具を使って表現したいという気持ちがあるんです。花をモチーフにしたり、女性の体をモチーフにしたりして、自分のイメージを入れ込んで、写真を作ってきたんです。

それと、もう一つが、桜の木なんです。私、何度もゾクゾクしているんですけれど、桜って、本当に霊気漂う木なんです。そして、明らかに女なんですよ、あの木は。

佐々木

ああ、確かにそうですね。男じゃないですね。

織作

桜の撮影に画家の木村先生と行くと悪天候が多く、雨が降ったり、風が吹いたり、荒れまくるんです。毎回ほとんど雨なんです。で、「何でこんなに雨に降られるんだろう?」って言ったら、先生は「やきもち焼いているんじゃないの?」って。で、なるほど、と思って。「だって、僕が一人で行くときは、いつも晴れているから」と言われて。でも、私は、別に、晴れている桜だけが魅力ではなかったわけ。それよりも、桜の霊気みたいなものを撮りたかったから、そういう意味では、すごくストレートな感情を表現できたかな、と思っています。

佐々木

楚々とした振りをしながら、桜って、すごく内に秘めた木なんですね。

12/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english