自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

芸術の根本は、そこにあると思うんです

佐々木

アートの作品を作っていくのって、撮るまでの思いやエネルギーって、私、すごくよく分かるように思うんですけど、撮った後、世の中の人に、その作品をこう見てほしいなどという思いがありますか。

織作

感じてもらったらいいなって。芸術の根本は、そこにあると思うんです。もちろん、平和のためとか、そういう言い方をする人もいますが、まずは感じてもらいたい。ちょっと一服のお茶のような感じで、見た人がいろんな思いを馳せてくれたら、嬉しいですよね。

作品を見た瞬間に、人それぞれ思いをいろんな方向に馳せるということは、少なくともその一瞬に、その人の心を何かの形で和らげているか、もしくは奮い起こさせているか、何かに気づかせている。

私も、絵を見たり、いろんな方の作品を見ながら、絵は目で見ているのだけれど、頭の中は自分の世界に入っていくんですね。そういうことの繰り返しなんです、アートっていうのは。だから、そうやって、私は楽しんでいるし、皆さんもいろんな作品を見ることによって、自分を回顧する瞬間を得てもらえたら、それでいいかな、と思います。

それが、やがて、たとえば芸術と向き合うことによって、戦争のような醜いことがなくなれば最高だし、また、恵まれない子たちが救われる手立てになればいいだろうし、作品を見たことで、人々の心を落ち着かせることができたら。何か発想を生み出させることができたら。あとは社会的な貢献ですよね。すごく壮大で、できるか分かりませんが、そういうふうにもっていきたいと思っています。

19/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english