自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第123回 織作 峰子さん

win-win

123
写真家
織作 峰子さん

自分が撮るということは、自分自身が写るということ

佐々木

カメラは今、何台持っていらっしゃるんですか? カメラ会社からも使ってほしいと送ってくることもあるでしょう。やっぱり違いますか? 撮り心地が。

織作

常に新しいカメラが来ています。でも、一緒でしょう。微妙にちょっと違うだけで、それはもう、やっぱり何を狙うか、ということが一番の真髄だから、どう写っているか、なんていうのは、大差はないと思います。

この作品みたいに、5メートルに伸ばすとか、そういう話になると、いろんな意味でのクオリティーが要求されるから、これは大型カメラで撮っているのです。普通の一般的なものは、大差はないと思います。それよりも撮る姿勢のほうが、ずっと大事だと思うので、何枚撮っているとか、どういうカメラで、というのは、二の次と思います。

佐々木

今、大学生に写真を教えるときに、どんなふうにおしえていらっしゃるのですか。

織作

私、担当が3回生と4回生のゼミコースなんです。これだけデジタルが普及しているのに、大学生って、不思議なんですけれど、アナログも結構多いんですよ。昔のカメラを持ってきている子もいます。やっぱり、おしゃれじゃないですか、昔のものって。

佐々木

ちょっとレトロな感じで。

織作

でしょ? そういう、形から入る部分もあるのですが、フィルムカメラを使う生徒も多いんです。だから、プリントして、自分で焼くという、作業に面白さを見つけている子が、大学生には多いですね。スタイルにもすごく影響されやすい。流行りにも敏感。

だから、一人だけ、スポーツ写真を撮っている子がいると、その子が良い意味で目立つわけです。

佐々木

結局、写真は、本当にその人が出るから、写真の技術を磨くだけではなくて、その人が、人を好きになったり、何かに悲しんだり、喜んだり、怒ったり、ということを、どれだけするかっていうものが大切なんですね。それこそ花一輪撮っても、仰るように、ただ構図がよければいい、というものでもないですものね。

織作

やっぱり、労りとか、意思の疎通をして撮ったものっていうのは、植物もちゃんと何か反応してくれるし、自分と、たとえば植物の距離感というのも、その感情によって、見つけだしてもらえたりするわけね。

だから、物一つに対して心を込めるということは、すごく大事なことだと思います。その心のありようっていうのは、人それぞれ違って当然で、激しいのが好きな人もいれば、優しいことが好きな人もいる。それは当然違っていいし、人それぞれ、撮った作品の味わいというか、表現の仕方が変わってくるので、いいのですが、自分が撮るということは、自分自身が写るということだから、そのときの自分の感情とか気持ちの入れようとか、大事に撮っていかなければいけないですよね。

21/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english