自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第12回 大平 健さん

win-win

12
聖路加国際病院 精神科部長
大平 健さん

「悩み」と「病気」、治療に大差はない

大平

結局、悩みが病気であるかそうでないかっていうのは、ほとんど治療に大きな違いはないんですよね。

お金持ちの子もいれば、貧乏人の子もいるし、頭がいい子もいれば、頭はいいのに学歴がない子や、いろんな人がいるでしょう。その中で、精神科のお薬が効く人もいるという、それだけのことなんです。だから、病気であるかどうかは、そんなに大きなことじゃない。

佐々木

つまり、解決されればいい、治ればいい、ということですね。

大平

薬だけ出して治ったと思っても、すぐ再発するんですよ。治らないケースもたくさんある。なぜならそれは、症状を聞いて、「うつ病です」と診断を下して、抗うつ剤がよく効きますよ、って処方する方式でやるから。

佐々木

根本を本人が理解して解決することが大切なんですね。薬はその補助。

大平

いろんな人生の問題がこじれて、病気になっているわけです。その「こじれ」が原因で最終的に3,000万円をなくした人が、眠れなくなった。それから、家族で孤立してた人は、その結果、「盗聴器を仕掛けられている」になったけれども、何かの問題でうつになっているだけですから、問題がきちっと解けて、本人にもそれが見えれば、もう、あとほんのちょっと、というところまでいくわけです。

これをやらないで治療しようとするから、治らないわけですよ。5年も6年も薬を飲み続けて、「おかげで元気になりました」って言っても、これは治ってはいない(笑)。お薬を飲まなくなってからですよね、本当に治ったといえるのは。ですから、うつ病でも、きちっと同じようにやると、薬がなくても治るんですよ。実際には。

13/15

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english