自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第141回 吉田和正さん

win-win

141
インテル株式会社代表取締役社長
吉田和正さん

要はクレーム対応だと言われました

吉田

初めての仕事は、製品の品不足のためにインテルに来ていた日本のお客さんとのやりとりをするという業務でした。

もう冗談みたいな話なのですが、アリゾナの事業部の製品が品不足を起こしていて、日本から多くの人たちがその製品を受け取るためにやってきている。そこで、もうそれこそ製品を受け取るまでは帰らない、みたいな状況がたくさんあったのです。

それで最初にもらった名刺は「カスタマー・サービス・レプレゼンタティブ」。CSRっていうのです。それ何ですかって聞いたら、カスタマーサービスだと。とりあえず品不足を起こして日本からいっぱい人が来ているから、要はクレーム対応だと言われたんです。

佐々木

お詫びをして、とにかく待っていただくと。

吉田

そうです。まあ彼らからしてみれば窓口ができたので、後は彼を通じて、ということになるのでしょうか。

佐々木

日本人専用のお客様窓口ですね。

吉田

今から考えれば、どうするんだと言われたときに、会社としても「わかりました、担当者をつけました」ということができれば、まずは「アクションをとった」ことになるじゃないですか。

佐々木

そうですね。迅速かつ誠実な対応をしたことで、会社は確かに少し評価されます。吉田さんも、もしかすると、そういう不便が発生していて、そういったポジションが必要だったから、日本人として、採用されたのかもしれませんね。

吉田

あ、そう思います。偶然だと思いますね。

佐々木

もし、それがなかったら、息子の友人の留学生の男の子をインテルが採ったかどうかわからない?

吉田

たぶん採らなかったと思います。なぜかというと、インテルはその時点でもMBAかダブルイー(Double E=Electrical Engineering)しか採ってなかったですから。で、僕はダブルイーじゃなくて社会学専攻でしたから、あり得ないって言われました。

佐々木

じゃ、やっぱり「日本」が決め手だったんですね、きっとね。

吉田

そうですね。

5/17

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english