自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第141回 吉田和正さん

win-win

141
インテル株式会社代表取締役社長
吉田和正さん

仕事を真剣にやり始めれば、次のチャレンジもしたくなります

佐々木

でも、そんな偶然の出会いから始まったインテルでの仕事を続けて、結局、今は社長でいらっしゃるわけです。アメリカのベンチャー企業としては長い勤続年数になるんですか。

吉田

長いかもしれません。

佐々木

仕事を始めてからは、どこかで「社長になりたい」とか、「もっと上に行きたい」と考える機会があったんでしょうか。

吉田

やっぱり仕事を真剣にやり始めれば、次のチャレンジもしたくなります。もっと力をつけたいっていうこともありますね。まず最初に、マネージャーっていうポジションは、グループをマネージしますから、「早くマネージャーになってみたい」って気持ちがありました。

アメリカはそれこそWhat’s your value-added?とか、もう何か、自分がただいるんじゃなくて、何らかの付加価値を常に提供していなければならないという雰囲気が自然にあると思うんです。インテルもそこがすごく強いので、要は入社した瞬間から「お前は何ができるんだ」というのをしょっちゅう耳にしたわけですね。

最初は、日本の怒っているお客さんたちの話をしっかりと聞いて、求めているものを一生懸命探し出したり、情報を提供したりする。それが、お客さんからしてみれば、「よくやった、ありがとう」ですし、社内からしてみれば「よくやった」と言うことかもしれません。ですが、やっぱり仕事しているうちに「自分の付加価値は何だろう」と考え始める訳ですね。

あることをすればその仕事はできるようになりますから、そうすると今度は「それだけなのかな」「もっと何かできることがあるのかな」っていう風に、常に思い続けるカルチャーがあるんですね。だから僕もやっぱり自然に次は何ができるのだろうかと。

それと、インテルには「One-On-One」というカルチャーがあって、必ず自分のスーパーバイザーだとかマネージャーと定期的に話をして、入社のころからキャリア・デブロップメントをきちんと考えていきます。それから査定のプロセスもすごくしっかりしているのです。

6/17

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english