自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

ニュースは欠陥商品だから

佐々木

毎日たくさんの新聞からさまざまな角度からニュースを入手していらっしゃるわけですが、複数の報道機関が伝えるニュースを毎日見ることの大切さは。

鳥越

最近、メディアリテラシーって言葉が使われますよね。結局、新聞もテレビもニュースを伝えるための商品だとすると、全部欠陥商品だと思っているんです。

ニュースに関しては、100%正しい商品なんてあり得ない。まず、第一に時間と競争してやっていますから、常に不十分なまま出しているわけですよ。

その上、人間というのは非常に主観的なものの見方をするもので、必ず思い違いだとか、思惑を読んでいないとか、さまざまな原因で、実像からはかなりゆがんだニュースを発信していると思う。それが大前提だと思っているんです。

『報道は欠陥商品と疑え』という本も出しましたが、そういうふうに、受け手側が一応疑ってみるというのも大切。いつも疑ってばかりでは困るんでしょうけれど、書いてあることをすぐに100%真実だと信じ込む、という姿勢を変えないといけないんじゃないかと思います。

佐々木

そうですね。

鳥越

じゃあ、われわれの仕事は何をするのかというと、「今日出したものは100%真実じゃないかもしれない。だから明日は真実に近づこう、あさってはもっと近づこう」ということ。

つまり、真実はどこにあるかわからない、だから一歩でも真実に近づこうとする努力をすることなんです。

佐々木

「ニュースの職人」という肩書きをお使いになっているというのは、一歩でも真実に近づこうとしている、ということの表現ですか?

10/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english