自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第24回 鳥越俊太郎さん

win-win

24
ニュースの職人
鳥越俊太郎さん

「ニュースの職人」としての自分の知識と「勘」

鳥越

そう。そういうことを根底に置いて、僕なりの真実に一歩でも近づく方法って何なのだろうというとですよ。

過去の経験してきたものが僕の頭に入っているわけですよね。あるニュースが入ってきたときに、頭の中にあるコンピュータがパッパッパッと動いて、直感というのを働かせるわけですね。論理的に積み上げてくるのではなくて、「あ、こうじゃないか!」と瞬間的にひらめく。

シャワーを浴びているときや、道を歩いているとき、とにかく、どんな時でも、ふとした瞬間に出てくるんですね。じっと考えているときは浮かばないんですが。

佐々木

具体的にはどんなことですか? 取材の切り口とか、視点とかですか?

鳥越

どんなことでもです。データが入ってないと検索できない。でも僕の頭の中のコンピュータには、曲がりなりにも39年分のデータが入っているわけです。

職人というのは、どういうことをするかというと、たとえば、かんなで木を削りますというときに、いちいちものさしで測りながら削っていくわけじゃないじゃないですか。自分の直感で削っていく。職人といわれる人たちはみんな目分量で測りますでしょ。勘というのは長年の経験によって培われるものです。それを持つ人を職人と呼んでいる。

ニュースを伝える場合、ジャーナリストやキャスターという肩書きがありますが、僕にはどうもしっくりこない。キャスターと言われると「え、いすの脚に付いている車?」って、皮肉に思ってしまう(笑)。

じゃ、なんて呼び名があるかなあと長年考えてる中で、「そうだ、おれはニュースという商品を作っている現場にい続けようと志している職人だ」と思えばいい、という境地にようやく立ったわけです。

佐々木

そうか。よくわかります。その、「ニュースの職人」として、今回、イラクに行かれるのですね?

11/14

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english