自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第30回 林 文子さん

win-win

30
ビー・エム・ダブリュー東京株式会社 代表取締役社長
林 文子さん

部下の叱り方

佐々木

もう、本当に林さんは、とにかく褒めるのがお上手で、お話していると、褒めていただけてうれしい限りなんですが、褒めることと、叱ることについてはどうですか?

これはもうはっきりします。わたし叱るのはすごいですよ。叱る時はその方のいいところを褒めることから始めます。

「ここがすばらしい、でもここが惜しい」と。また「悔しい」ともよく言いますね。「あなたを見ていると悔しいです、本当に悔しい」と。「こんなにいいところがあるのに、これがこんなだなんて、本当に悔しいね」。そうやって叱ります。たまに「親にも言われたことない」と、ムッとしてしまうわけね。「でも悔しいんで思わず言ってしまいました。ご理解いただけました?」と。くどいですね、わたしは(笑)。

佐々木

いや、すばらしい。

とことん言いますよ。叱ったことは、心を込めて申し上げたということで、あとはクヨクヨしませんし、もちろんいい気持ちがするものではないですからね。でも勝負を賭けて叱るので、かなりはっきり言いますよ。

佐々木

その方が「よくぞ言ってくれた」と奮起する、あるいは、その時わからなくても、1カ月以内くらいに奮起する方もいらっしゃると思うんですが、「なんだよ」と言ってどんどん駄目になってしまう人も、もしかすると中にはいらっしゃる?

わたしはあんまり駄目になっていく例には、お目にかかった記憶がないんです。思い込みが激しいのかもしれないですけど。一回こっきりじゃありませんし、フォローもしているから。

佐々木

じゃあ同じことを何回も?

よくなればすぐ、「この間思い切って申し上げちゃったけど、なんかすばらしいわね!」と言いますから。その時、子育てと一緒で答えを求めちゃ駄目ですよ。上司は孤独だと言うけど、まったくその通りなんですよ。

人間なんてすぐ言った後に反応なんてできないでしょ? ましてや40歳や50歳を過ぎると簡単に変わらないじゃないですか? でも上司は答えをすぐ求めたくなるんです。

だから継続なんですよ。タイミングを見ながら継続してお話ししているうちにね、お稽古事と一緒で。「もうできない、できない」と3年くらいやっていたら、ハッとうまくなっちゃうことってないですか? 部下の教育っていうのはそれに似ていると思う。

13/18

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english