自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第30回 林 文子さん

win-win

30
ビー・エム・ダブリュー東京株式会社 代表取締役社長
林 文子さん

現場主義がすべて

佐々木

それで、社長になられてさまざまなことが見えてきたかと思うのですが。社員として仕事をしていた時に、ああだこうだと思っていたことが、見えてきた。それはやはり組織の全体像ということですか?

そうです。だからトップから下までが現場主義でなければ、ということね。現場主義がすべてなのに、マネジメントのどこかでそれが切れてしまっていてね。社長こそ現場の隅々に目が行き届いているのが普通のことだし、一番わかっていなければいけない。つくったものがどこで売られているか、ということを忘れてしまっているということだと思うんですね。直接販売から離れていても、お客さまの気持ちをいつも感じていなくてはならないと思います。

わたしは今も、定期的に支店回りをするし、支店でもトップとだけ話すのではなく、事務所の中で一人ひとりのスタッフと話をして帰ってきます。そんな一新米社長に深い話をされたらプレッシャーがかかり過ぎますけどね。でも、やはり声を掛けてわたしがどんな人間かをわかっていただいたほうが……。

佐々木

それは営業担当者にとって、大喜び、なことですよね。

わたしがどんな人間かをわかるとね、年初に事業計画を発表したときに非常によく理解できるんですね。人物像がわからないままだと、ピンと来ないのではないかなと。それはないですか?

佐々木

そうだと思います。

500人くらいの会社だとそれができますよ。だからわたしは非常に幸せな状況だと思うんですよ。大きな企業で、人が多すぎる場合は、経営幹部の方を同じようなマインドで育てていくしかないんじゃないかなと。

5/18

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english