自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第34回 久司 道夫さん

win-win

34
久司財団 会長
久司 道夫さん

政治家やリーダーを、食から変える

佐々木

どうしても、食の話っていうのは、好きでない表現ですが「女性的テーマ」として理解されていて、政治や経済を動かしている人たちからは理解されにくい気がしていたのですけど、先生のようなバックグラウンドの方が推奨されると、経済界が動くのではないか、と思います。その可能性がすばらしいですね。

久司

やっぱりね、それは日本に指導する人物がいなかったことじゃないですか。

佐々木

先生がずっとアメリカにいらっしゃるのがよくなかった(笑)。

久司

そうですね。そのころはアメリカにもそんなことを指導する人はいなかったしね。だから、やらなくちゃいけないんです。

佐々木

先生の食を実践されている方にはどんな方がいらっしゃるんですか?

久司

アメリカだと、アル・ゴア。それから、以前大統領候補に名を連ねたこともある民主党のデニス・クシニッチ。クシニッチは100%、玄米とみそ汁。それからね……ぼつぼつおりますよ。共和党にもおります。カーターなんかも半分そうですよ。トム・クルーズとかマドンナ。亡くなってしまったけどジョン・レノン、ジョン・デンバーなんかもそうだったしね。

佐々木

実際にお一人ずつ、お会いになっているんですか?

久司

そうそう。会って一緒に食事をしたり、話し合ったり。アメリカでは、好きな言い方ではないですが、中流階級から上流階級の方々が、食に対する意識が強いんですよ。でも、もっとファストフードを礼讃している人たちや企業を変えていかなくてはならないということも考えています。

3/17

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english