自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第34回 久司 道夫さん

win-win

34
久司財団 会長
久司 道夫さん

糖分と暴力性との関係

佐々木

先生のアメリカでの研究で、糖分と暴力性との関係についての研究がありましたが、それは甘いものを食べ過ぎている人は暴力的になる、という結果が出たとのことですか?

久司

そうそう。ヴァージニア州のタイドウォーター青少年拘置所と協力して、砂糖を収容者の食事から除いた時に暴力的なふるまいがどう変化するか、研究したんですよ。劇的に、軽減しました。

佐々木

非常に興味深いです。

久司

糖分には2種類ありまして、一つは、単糖類といって、砂糖であったり、チョコレートやキャンディなど。もう一つは多糖類。これは、穀物。カボチャ、ニンジンなんかもそう。かんでいると甘くなる。

この多糖類は、徐々に分解されていって、徐々に吸収されていく。だから血糖が上がったりしないんです。ところが、単糖類はそうではない。だからなるべく避けたほうがいい。

甘いものがほしくなったら、米あめ、麦あめとか。あと、黒砂糖とか、まだミネラル分がありますからね。そういうものに変えたらいいんです。もちろん一番甘いのは、愛する人のキスですから、それはね、いつでも好きなだけ。

佐々木

そこで糖分を補う、そうか(笑)。

8/17

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english