自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第42回 江端貴子さん

win-win

42
元アムジェンCFO
江端貴子さん

外注先の仕事を、こっそりうけて

江端

そのために、内緒で協力企業のスタッフの人たちに「私はどうしてもプログラムが作りたいのです」と頼み込んで、当時、富士通が協力企業に発注していたプログラムの一部を私がこっそりと作っていたんです。

佐々木

本当ですか? じゃあ自宅で作業を?

江端

課長たちが出張などでいない時には会社でやり、帰って来るとあわてて隠していましたね(笑)。

佐々木

本当ですか? すごい! 業務上問題がありそうですが、心底、作りたかったんですね。

江端

ええ、作りたかったんです。

佐々木

それに、新入社員のわりには、ちゃんと根回しして仕事を取るなんて…(笑)。かなりのリスクを伴う、危険な行動だと思いますが?

江端

正直言って、協力企業にとっても、してはいけないことですからねえ(笑)。

佐々木

それで、最後までバレなかったのですか?

江端

バレませんでした(笑)!

佐々木

キャリアでは役に立った?

江端

最終的には、課長が言っていたことがよく分かったのですが、当時はやはりまずはプログラムを作りたかったのです。結局1年間その部署にいて、とったコピーの枚数でおそらく年間記録を樹立したと思っていますね。

専門のコピー機が置いてある複写室があって、そこにはコピーをとることを専門にする事務の人たちがいて、そこに私が行くと「また今日も来たの? 今日は速くしてあげるわね」と言われるくらい、頻繁に通っていたんです。2年目から配属が変わり、ある地銀のシステム開発に関わることができました。

佐々木

では、ドキュメント管理にいた1年間は、コピーをとりながら、必死にすべての資料を読んで学んだということですね?

4/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english