自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第42回 江端貴子さん

win-win

42
元アムジェンCFO
江端貴子さん

仕事ってこういうことだとわかってきた

江端

読んでいました。それから、単に管理するだけではなくて、催促も必要だと学びました。「この期限までに仕様書を提出してください」と各チームに回すのですが、きっちりと期限を守るチームがあれば、常に遅れるチームがあったり、期日は守るけれど内容がダメというチームがあったりと、さまざまでした(笑)。

仕事って慣れていくと、こういうことがだんだんと分かってくるじゃないですか。そうすると、こっちも先に気を利かせて、「どうせこのチームは期日に遅れるだろう」ということで、期日を繰り上げたりしましたね。

いま思うと、いわゆるプロジェクト管理のような作業をしていたのです。実際に学ばせてもらっていたんだと思いますけどね。

佐々木

それで2年目には、めでたく地銀のプログラムを作ることになれたのですか?

江端

ええ、めでたく。

佐々木

具体的には、何を作ったのですか?

江端

通帳のプリンターです。だから、自分が作ったプログラムがちゃんと動いて、通帳に「入金いくら」とか記帳されると、「やった!」とうれしかったですね。

佐々木

それは感激するでしょうね。富士通には何年?

江端

全部で8年です。プログラマーからスタートして、最終的にはSEや企画の仕事もしました。

佐々木

様々な基礎を学び、挑戦し、夢をかなえてくれた富士通を辞められたわけですが、そのきっかけは?

5/22

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english