自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第43回 菅原真樹さん

win-win

43
フリーダイビングトレーナー・アプネアフォトグラファー
菅原真樹さん

自分が一番弱い生物になって海へ入る

佐々木

どんな体験かは、その人の自由なんですね。

菅原

はい。まあ、選択は皆さん一緒なんですけれど、100人いたら100人が違った思いで海を見つめて、潜ろうと思って、コナに来るわけですね。ですから、それだけ自分側がそれ以上に引き出しがないといけない、と思うようになったんです。

佐々木

こちら側がその人より上回った情報を持っていなくてはならないのではなくて、引き出しって言うのは、受け入れる体制っていうのかな、相手の何でも受け入れてあげられる、ある意味、空っぽの引き出しを持っている感じですね。何が来ても受け止められる体制に自分がある。

菅原

そうですね。自分が常にニュートラルであるっていうことが、たぶん、海の中で学んだことの一番重要なことじゃないかな、思いますね。ちょっと自分が天狗になって、自慢げに潜りを見せると、すぐ痛い目に遭ったりしましたし。

佐々木

痛い目って、どんな痛い目ですか?

菅原

たとえば浅い所ではまったく感じない場所で油断して深い水深で底に向かう強い潮流、「ダウンカレント」に巻き込まれて、生命の維持をするのが難しいと感じる極限状態の苦しみを味わったりとか、強い波に押し込まれたり、その為大切な機材をなくしてしまったりとか。

佐々木

海に入るときに、「謙虚な気持ちになって海に入れてもらう」ということをおっしゃっていたと思うんですけれど。

菅原

「自分が一番弱い生物になって海に入りなさい」っていうふうに、生徒さんには言うんですね。私達はプランクトン以下だよ、と。そこで、何か自分で生まれてくるのを感じてくると、非常に、いろいろなことに対して柔軟に対応できると思うんですね。「海に入れていただく」のですから。

佐々木

なんか無の自分みたいな。

菅原

そうですね。悟ろう、悟ろうと思ったら、よけいに難しいんですね。ですからそのへんは禅とかヨガとか、そういったものに通じるものがだんだんできて、それを自分で水中で応用した呼吸法やエクササイズにもなっていったんですね。

3/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english