自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

女性たちの数を増やす

佐々木

時代は来てますよね。企業としてもCSRの時代で、360度丸裸に、フェアにいきましょうと。働く人も「自立したプロ」を増やしたい、ということですよね。今日もこの対談の場に、ユニクロの女性のスタッフがずらりと同席されていて、頼もしい限りだと思うんですが。

玉塚

頼もしいですね。

佐々木

女性幹部を育て、増やしたいと思っていらっしゃると思いますし、同時に外からも採用したいとお考えじゃないかと思いますけれど、女性をどんなふうに育てたいですか。どんなイメージを?

玉塚

まずは数が必要というのは、女性社員たちとも話しています。数的に劣勢っていうのは、言葉は悪いけど、つまりマイナーですよね。ある程度“かたまり”でいないといけないと思っています。

僕は手加減とかするつもりはまったくないですけれども、個人個人のビジョンや目標をきめ細かく聞きながら、彼女たちのビジョンが達成できるようなキャリアパスを用意する。そういうチャンスは、本当に結果を出してくれるならば、積極的に与えていかなくてはいけない。結果として、女性幹部の数をもっと増やしていくようにしなきゃいけないと思っています。

佐々木

まず数を増やすというのは、本当に大切です。でも成果を必ず出すかどうか、始めはわからない。10年、15年前にも「女性活用」っていう言葉が出たんだけれども、そのときはいきなり企業側が女性にチャンスを与えたんだけど、それまで何のチャンスももらえなくて経験をつめなかった女性たちにとっては、失敗させられる環境に放り出されるようなものだった。やっぱり数がある程度いて、そこから強い者がちゃんと上がってくるっていうのが必要ですよね。

13/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english