自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

柳井前社長との出会い

佐々木

そもそも、どこで出会われたんですか、お二人は。

玉塚

7年前ぐらいになります。その頃、日本IBMのコンサルタント事業部にいて、3社目くらいに行ったクライアントがファーストリテイリングだったんです。

佐々木

営業で行って会ったんですか。

玉塚

そうですね。しかし、話をしていくうちにだんだん妙な展開になっていったんです。聞かれたんですよ。「個人として、何をしたいんだ」と。それで、商売とか経営を勉強して、自ら経営者になりたいんだと言ったら、「それなら、ファーストリテイリングで実際の商売を経験してみたらいいんじゃないですか。そうしないと本当の商売とか、経営とかってわからないでしょう」と。

佐々木

それは、なかなか普通はあり得ないですから、よほど玉塚さんに光るものを感じられたのでしょうね。何が良かったんでしょう?

玉塚

大学を卒業して旭硝子に入社したんです。12年間勤務したのですが、その間に会社からアメリカの大学院に行かせてもらいました。アメリカでは、客観的に日本を見ることができて、いろんなことに目覚めて、「よし、やっぱりここは旅立って、自分を鍛える道を行こう」と。

佐々木

企業から留学して、退社を決意!?

玉塚

アメリカ留学までさせてくれて、愛着も深かった旭硝子を辞めるのは、本当につらい決断でした。しかし、自分自身の目標として、次のステップに進みたいという思いが強くなっていきました。でも、旭硝子を辞められるかどうか、本気で悩みました。ちょうど入社当時に僕の上司だった方が社長になられたんです。僕がアメリカで卒業までもう1週間くらいのところで。余計辞めにくくなったなあと思いましたね。

2/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english