自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

経営者の2つの視点

佐々木

いくらでも人のせいにできる要因ってある。ある意味、トップとして見ていれば、余計に客観的な意味で原因が見えるわけでしょ。

玉塚

そうですね。

佐々木

だから、それも含めて全部自分で引き受ける。

玉塚

だけど経営者っていうのは、僕もいま修行中ですけども、自分に矢を向けるというか、自分にどこか非があるだろうと考える事と、一方で客観的にどこが悪いかを指差して直すことの両方が必要じゃないですか。僕はどちらかというと、自分が「どこかおかしいところがあるんだろう」と思うようにはしてきたけど、経営の仕事というのは両方必要だと思います。

佐々木

そうですね。

玉塚

一方で、時には自分のことを棚に上げて、「これもできてない、あれもできてない」と指摘して改善を促さなきゃいけないし、実際に変えていかなきゃいけない事もある。そのへんのバランスが、非常に重要だと思いますね。

佐々木

それは経営者としてオン・ザ・ジョブで毎日鍛えていく、ということですか。

玉塚

やっぱり、この仕事って自ら経験しないと、絶対に経営者として成長できないし、勉強として学べるものじゃないと思います。そう思いませんか?

佐々木

思いますよ。

玉塚

やっぱり責任やプレッシャーがある中で、自ら経営という仕事に挑戦していかなければだめ。それで、もしも残念ながらそこで壁を乗り越えられなかったら、その仕事には合っていないということじゃないですか。だけど、大切なのはそれでも壁を乗り越えていって、少しずつ積み重ねていくことだと思います。

だから経営ということを考えると、最近、若手の経営者の方が増えていますけど、早いうちに経験をするのは、いいことだと思います。

佐々木

場数を踏んでいけるっていうのはね。

4/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english