自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

「2010年1兆円構想」

玉塚

いま、この会社も大きな変革期にあります。今年は年商3,800億円程度の予想ですが、企業としての実態は、3,000億円という壁にぶつかっている状態だと思います。この壁を我々がぶち破って、4,000億円、5,000億円、6,000億円、そして、2010年には、1兆円企業になっていく。

そういう壁をぶち破れるか、このままぶち破れずにここで停滞するか、ちょうど今が分かれ目だと思っています。だから、今はチームでこの壁をぶち破るためにどうしたらいいかということを、知恵を絞ってやっています。

佐々木

たとえば。

玉塚

ファーストリテイリングはいろんな意味で全社がグローバル化するっていうことが大事だという話をしていて、それは単純に日本のマーケットがユニクロ事業で飽和状態が近くなってきたから地理的に拡大していくということではないんです。

やはり僕らのようなカジュアル業界で、これからも継続的にお客様の支持を得て、高品質な商品、素晴らしいお店を作っていこうとすると、国境を越えたさまざまなタイプの優秀な人間が仲間に入ってきて、いろんな価値感をぶつけ合って、更なる付加価値を生み出していかないと、壁はぶち破れないんですよ。

それは経営者もそうだし、その下のリーダーもそうだし、デザイナーだってそうだし、マーチャンダイザーだってそうだし、マーケッターだってそうだから。

だから今、真に国境を越えて活躍できるような人材が魅力的に思えるような、また、そういう人間が入ってきて活躍できるような、あるいは、いま社内にいる人間がますます優秀な人材に育っていくような、そんな企業であるべきだと思っています。

佐々木

グローバル化って言った時に、私はよく「キワ」をなくすことだといっているんです。国境、国際の「際(キワ)」。人と人の間でもキワがなくなっていく、あるいは自分の考えを他の視点からも考えられるという思考のキワがなくなっていく。こういうのがなくなっていった時に、たぶんジェンダーの問題もなくなってくるし、デザインもユニバーサルになっていくし、国と国との良さは残しながらキワはなくなっていってね。ユニクロが、社員全体がそういったグローバルに育っていってもらう場を提供しているんですね。

玉塚

そう。人と組織両方が育つことがグローバル化ですから。

佐々木

具体的にはどういった教育をしてらっしゃいますか。

5/21

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english