自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第54回 進藤奈邦子さん

win-win

54
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー
進藤奈邦子さん

冷蔵庫を過信しないこと

佐々木

バイオテロを個人で防ぐことはできないけれど、一般的に私たちの生活の上で、感染から身を守る方法は、いろいろあるんですよね? たとえば、インフルエンザ、O157。生活レベルで私たちができることは何ですか。

進藤

まず何はおいても手洗いは大事。O157に関しては、流通ルートがきちんとしてなくて、汚染されちゃうこともある。肉だけじゃなくて、イクラにいっちゃった事もカイワレ大根にいっちゃった事もあるわけだから、それは個人のレベルで気をつけるのはすごく難しいと思うのね。

ただ一般的に夏は食中毒のシーズンだからきちんと加熱する事。新鮮な物を入手する事。そして割と流通ルートが信用できる筋から入手する事。そういうのがあるんじゃないでしょうかね。

佐々木

しっかり手を洗って清潔にする、ということですね。

進藤

それから冷蔵庫を過信しない事ですよね。

佐々木

冷蔵庫に入れてもダメっていう事?

進藤

思わない事ね。1回出しちゃうとそれでもうダメなわけだから。冷蔵庫に戻してもね、菌は増えちゃってるわけだから。

佐々木

そうか、で冷蔵庫に入れてて出したものは、引っ込めないってことだね。

進藤

引っ込めてもいいんだけど、要冷蔵の物は、早く食べないとね。ただO157は何に入ってるかわからない。多分流通ルートはすごく改善されてると思うし、生産者と国と地方自治体、といろいろなレベルでの努力が進んできているから。だから日本はあまり今のところ大きなのは無いでしょう。個人で気をつける事っていうのは、夏の間は冷蔵庫を過信しない事。保証期間をきちんと守る事。

23/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english