自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第54回 進藤奈邦子さん

win-win

54
WHO(世界保健機関) メディカルオフィサー
進藤奈邦子さん

世界で使われたSARSの判断基準をつくった

佐々木

何のマニュアル作ったんですか。

進藤

まず、SARSね。SARSの診断基準を作って、それから臨床管理のガイドライン作って、それから感染防御のガイドラインを作った。

鳥インフルエンザも感染防御マニュアルと、臨床マネジメント・マニュアル、それから実際、高病原性鳥インフルエンザがはやっている所で、屠畜に関わる人たち、あるいはその地域の住民の人たちが、どういう注意をするべきか、っていう勧告なんかを作った。

世界中がWHOのウェブサイトから自由に取って、自分の国用にカスタマイズして使ってくれるのですが、そのオリジナルを作るのが私たちの仕事。

佐々木

やりがいが、ありますよね。

進藤

はい、とっても面白い。今までの私の仕事には、情報をどんどん集めるというのもあったの。インテリジェンス=諜報活動もあったわけ。これからはもっと専門的に、病気にかかった人をどう扱っていけばいいかっていう事を中心にやるようなポストに移ったわけだけど。

佐々木

諜報活動って、どういうこと?

進藤

世界中の公式の情報っていうのは必ず遅れている。だからWHOが独自に開発したウェブ検索システムを使うんです。ウェブ上に載っているニュース関係のワイヤーを全部カバーして、3万語ぐらいの感染症関連の用語を検索して、記事をピックアップしてくれる。

そこで、ワーっと大量に検索結果が出てくるから、それを、タイトルとサマリーを読んでいかに、重要性が高いか、危険度が高いか、っていう事を判断していく。そして自分のネットワークを使って、情報を追い詰めていくわけ。

佐々木

公式情報の前の情報サーチをする。それも最終確認は自分のネットワークの活用も必要なんだ。

9/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english