自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第58回 パク・ジョアン・スックチャさん

win-win

58
ワーク/ライフ・コンサルタント
パク・ジョアン・スックチャさん

日本は意識改革が必要

佐々木

パクさんは今まで日本の企業にたくさん招かれて、研修をしたりしていらっしゃいますよね。具体的にはどういう提案をされてきたんですか?

パク

やっぱりね、制度じゃないんですよ。意識から変えなきゃいけないんです。

佐々木

制度を提案するに至らないで、その前の意識改革をまず取り組んでいるということですか。

パク

働き方を柔軟化させることに対しての抵抗があるんですよ。だからまずね、意識改革。頭脳労働者の場合は、長く働くとかえって効率が落ちることもある。

佐々木

そうです! でもね、だからこそ私は、逆にオンとオフっていって分けるのが好きじゃないんです。今のパクさんのお話は、ちょっと経験の浅い人が聞かれたら、勘違いしてしまいそう。「私、9時から5時に仕事はします。でも5時以降は会社を出るんですから、仕事の話、しないで下さい。私はワーク/ライフ・バランスを本当にきっちりやっているんです」って。

両方に集中できるように時間配分をして場所を変える、という考えには賛成なんだけど、それは真っ二つに割るのではなく、入り組んでいていいのではないかな、と。やっぱり違うことをしている時にひらめくことがある。釣りしてる時にひらめくとか、子どもと一緒にいるときにひらめくとか。

その瞬間に「あ、私って自宅にいるのに仕事のことを考えてる、なんて不幸な人間だろう」と思う人と、「わ! こんなにいいアイディアがひらめいた」と喜ぶ人といる。この2つにはすごく大きな違いがあるでしょう。バランスって、その人の感じ方だから。それでいいんですよね?

パク

もちろんです。でも、絶対に分けたいっていう人もいるわけですよ。労働観として、人によってはお金のためだけに働いているということもあるから。

6/19

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english